体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上川隆也&中村アンインタビュー「“ドリー&ハンクの恋”あったらいいなと思います」[オタ女]

IMG_6533

次々と記録を塗り替え全米アニメーション史上No.1の大ヒットを記録している『ファインディング・ドリー』。忘れんぼうのドリーが唯一忘れなかった家族の思い出を探しに大冒険に出る感動のアドベンチャー・ファンタジーは、愛すべきキャラクターの宝庫! 特にタコのハンクとジンベイザメのでスティニーは映画の中でも大活躍。未だ映画を観ていなくても気になっている人は多いのでは?

タコのハンクの声を務めたのは、俳優の上川隆也さん。ご自身もアニメ好きとして知られており、本作では渋い声で様々な物に変化する“イケメンすぎる”タコを見事に演じきっています。一方デスティニーを演じたのは、モデルや女優として活躍する中村アンさん。声優初挑戦ながら元気いっぱいで優しいデスティニーを素晴らしい声で作り上げています。

そんな上川隆也さんと中村アンさんのお2人にインタビューを敢行。作品について、そして女子なら気になる「ハンクとドリーの関係」についても伺ってきました。

【関連記事】『ファインディング・ドリー』よりベイリー&デスティニーの本編映像独占解禁!
http://otajo.jp/62956

ハンク

―作品拝見しまして、お2人の声本当に素敵でした! 改めてオファーを受けた時の感想を教えてください。

上川:オーディションのお話を頂けただけで、うれしかったです。『ファインディング・ドリー』の新メンバー候補として挙げて頂いたことだけで、もう光栄でした。

中村:私はディズニーが大好きで、マネージャーさんにもよく言っていたので、『ファインディング・ニモ』の続編が決定して、チャンスがあるかもしれないと聞いた時は嬉しくて。ものすごく緊張しましたけれど、とにかくやりたいという思いをオーディションにぶつけました。

―ディズニーやピクサーの映画は、キャラクターの声、本国の俳優さんの声のイメージや声質と吹替版が合っているかをとても大切にされますよね。

上川:なので、最初は本国の俳優さんの声に寄せようと試していたんです。でも、なかなかOKを頂けなかったんです。そこで徐々に地声に近いお芝居へ切り替えていったら、今度はOKをスムーズに頂けるようになった。最初から本来の声を求められていた訳です。準備していたことが、却って時間のかかる結果となりました(笑)。

中村:私は声のお仕事はビギナーなので、どんな風にやろうとかでなく、とにかく元気で明るいデスティニーをやろうと思いました。思い切りやることだけで精一杯でしたね。口や目の動きをよく観察して、字幕版のデスティニーのテンションの高さに合わせました。日本語がヘンだねっていう時は、皆さんで相談して変えたり、お子さんから大人まで伝わりやすいように会話をナチュラルにしたり、そういう作業でした。

デスティニー

―デスティニーはジンベエザメで、しかも“クジラ語”を話すので、初めての声優挑戦としてとても難しいキャラクターだったと思います。

中村:すごく難しかったです。クジラって本当に「コー、コー」って高い声で鳴くんですよ。本物のクジラの映像も見せてもらって、監督さんから声の出し方を習って、室井さんのドリーに合わせました。あとは恥じらいを消すのが難しかったです。アフレコ期間の後半にクジラ語の場面をとっておいて、慣れた頃に撮りました。でも、クジラ語をやってから、むしろ声が出るようになったので、序盤に録音した場面を録り直したりしました。そこで、ちょっと開けた感じはしました。山を乗り越えた感じというか。高い声から急に低くなったり、ドスの効いた感じを意識したり、こぶしを握ってと言われたり。最後は歌いながら、高低差のすごいジェットコースターみたいでした。もう大変すぎてよく覚えていないです(笑)。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy