ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

昭和レトロ好きにはたまらない! 脱力系ディープスポット『石切参道』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
13895274_1804512413128986_190482582369227903_n

昭和レトロ好きな筆者が石切参道へ行ってきた。

鶴橋より近鉄奈良線で約20分、そこはお年寄りのパラダイス。

ぜひ写真と共にこの異空間を楽しんでもらいたい。

昭和レトロなディープスポット『石切参道』 

石切駅を降りてすぐに現れるこちらのレトロな立て看板。

13895514_1804512369795657_8590405492290092795_n

「くちびるタッチのなかなのにポイステ!やめて」byクリーンクリーン東大阪

なかなか艶っぽくパンチの利いた標語である。

レトロなものに沢山出会えそう!なんだかワクワクしてきたぞ。

参道は漢方薬や婦人服や赤い下着、怪しげな占い屋、漬物屋さんなど、お年寄りがターゲットのお店なのかただ単に昔から生き残っている店だけなのかは分からないが、とにかく香ばしい昭和レトロなお店や物にあふれている。

13935134_1804512343128993_8442310247957267378_n 13921118_1804512326462328_7989153689796177737_n

この日は真夏日。

アスファルトは強い日差しを浴びてすごい熱気。

とても暑かったが黙々と買い物キャリーを引きながら歩くお年寄りたち。

13925410_1804007036512857_3877470141674309263_n

おもちゃ屋さんの店頭にあったナイフのおもちゃのイラスト。

13879359_1804512386462322_7451701906497303365_n 13895274_1804512413128986_190482582369227903_n

満面の笑みで凶器を振りかざしている。

子供のころに遊んだことがあるおもちゃだが、人に刺しても刃の部分が引っ込むので安全。

スムージーのようなものだろうか?

レトロな写真が可愛い『シャーピット』

13924928_1804512223129005_4212414287166992442_n

ある意味オシャレすぎる農家の人が被りそうな帽子、首も焼けないしちょっと欲しい。

13686738_1804519489794945_8775890815128438451_n

ただの民家すらどこかフォトジェニックだ。

13900314_1804519336461627_3315719775069719759_n 13620089_1804519463128281_5142423145034372726_n

よもぎうどんが名物の『大和屋』

多くの芸能人がロケで訪れているようで、誇らしげに写真や名前がベタベタ貼られている。

13925263_1804519439794950_7075457404641737909_n 13873076_1804519413128286_7719455418129810398_n

温かいよもぎうどんと、よもぎざるうどんをオーダー。

13882690_1804512373128990_2187220949518609808_n

全く期待してなかったが、のどごしが良くぷりぷりとしたうどんがとても美味しい。

13895177_1804519433128284_6281864747217513938_n 13900349_1804519373128290_370467213995732210_n

よもぎ天ぷらはざるうどんのパリッとしたものも、温かいうどんのくたっとしたものも美味。

山菜も沢山入っておりお年寄りも大喜びであろう。

優しい味の出汁でどこかホッとする懐かしい味で大変美味しかった。

13892232_1804519363128291_3736481490280431618_n

昭和レトロ好きやカメラ女子ならきっと楽しめる『石切参道』

一度訪れてみてはいかがだろうか。

石切劔箭神社(石切さん)
http://www.ishikiri.or.jp/

大阪市営地下鉄「本町」駅より
近鉄けいはんな線「新石切」駅まで約20分、徒歩7分

近鉄奈良線「鶴橋」駅より
近鉄奈良線「石切」駅まで約20分、徒歩15分

大和屋
大阪府東大阪市 東石切町1-7-56

※写真は全て筆者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: くりはらくり子) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。