ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#32 528Hz

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この季節になると、野外フェスの話題が交わされることが多い。その都度、音楽の力の素晴らしさを感じるのだが、実は私はただの一回も行ったことがない。何故かは分からないが、地元の沖縄で開催されるフェスにも参加したことがないので、地理的な問題ではないだろう。いい加減そろそろ縁があってもいいとは思っているのだが。

ギリシアの哲人アリストテレスは「詩学」の中で、鬱積したものを解放し魂を浄化させるカタルシスという概念を語っているが、音楽にはカタルシスへと導く力があって、それは宗教的な体験と言うこともできる。そのカタルシスを屋外の大自然のエネルギーに包まれて集団で体験するというのは、きっと大きなものだろう。

その一方で、一人で静かに音楽と向き合うのも大きな楽しみ方だろう。「音楽は魂を整える」とピタゴラスは言っているが、目を閉じてリラックスしながらも静かに集中して聴く音楽には、魂に深く深く染み込む力がある。美しい音楽を耳にすると、つい目を閉じてしまうのも、魂の調整へと向かう身体的な反応かもしれない。

カタルシス、調和、その混合、いずれにしても音楽には、魂のバランスを取るヒーリングの力があることは、多くの人が認めることだろう。

そして、その音楽を支える仕組みとなる音階には基準となる音があって、ドレミファソラシドのラの音が基準音として通常440ヘルツに合わされている。ヘルツとは一秒間に空気が振動する回数の単位で、現在では国際的にラの音がこの440ヘルツと定められている。ラよりも高い音域は、440ヘルツよりも高い周波になり、逆に低い音域は低い周波になる。

基準となるヘルツは、実は時代や地域によって様々だったのが、現在では国際的に440ヘルツに指定されている。世界には無限に音があるのに、基準を作るのは考えれば不自然なことで、実際モーツァルトの時代には、ラは422ヘルツであったと言われている。この440ヘルツ設定に関しては、陰謀論的な見方から様々な憶測が囁かれているが、ここではそれには触れないでおく。深すぎるので。

2ページ目につづく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の友人の音楽家たちからは、以前から528ヘルツの噂を聞いていたのだが、この周波数は愛の周波数と呼ばれ、DNAの修復力があるとされていることでも有名だ。この528ヘルツはラを440ヘルツで設定すると、半音を含めてドレミファソラシドのいずれの音からも外れてしまうことになっている。つまりオーディエンスの耳に届く以前に存在を消されてしまうのだ。消えた528ヘルツの音と、基準を440ヘルツに設定したあたりに陰謀論が語られていて、それはそれで面白い話なので、興味がある方は是非どうぞ。権力者は愛の周波数を聞かせたくないようです。
 440設定で作られた音楽がほとんどの現在において、528ヘルツを耳にすることはほぼ皆無で、わざわざこちらから出向いて体験するしかない。幸い528ヘルツ関係の書籍も多く出ているので、そのうちの数冊を読んだり、インタネーットで試聴したり、itunesで買ったりして、実際に528ヘルツに数ヶ月浸ってみた。
 いろいろ聴いた中で、CDに録音された音叉によるトーンだけの音は、チーンと鳴る仏壇前のリンのような感じで、いい音なのだが中々浸りづらい。瞑想やヨガをしている人には問題ないだろうが、一般的には水の音やクラシック音楽と共にあるものの方が親しみやすいだろう。
 その528ヘルツの音を朝昼晩を目安に、日に数度、一度に10分ほど毎日聞き続けた。
 結果は個人的な感想でしかないのだが、穏やかな状態でいられる、というのが大きな効用だと思えた。
 穏やかでいること。実はこれは全てにおいて大切なことである。世の中にある全てのヒーリングが、結局ここを目指していると言ってもいいだろう。逆に言えば、様々なヒーリング方法が存在し、必要とされているという事実は、穏やかで居続けることがどんなに難しいことかを語っている。不穏な状態は様々な病気の原因になる。
 しっかりと集中して528ヘルツを聴いた後では、入れ替わったようにすっきりとして、生命力が増した気になり、澄んだ気持ちで世界を見渡せるようになった。だが、仕事や些事をこなしているうちに、その感覚も消えてしまう。そのタイミングでまた休憩をとって聴く。すっきりする。また失せる。再び聴く。こんな感じで繰り返してみた。時には聴くことを忘れてしまうこともあったが、聴けば確実に心が落ち着いて潤うのが実感できた。

3ページ目につづく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そうなると、さらに踏み込みたくなるもので、調べているうちにソルフェジオ音階というものを知った。アメリカ人のジョセフ・プレオ博士によって再発見されたとされるもので、この音階には9つの音があり、そのうちの一つに528ヘルツが含まれている。
 このソルフェジオ音階には、ひとつずつに対応する効用があって、低い音から順に追っていくと、174Hz進化の基礎、285Hz意識の拡大、396Hz恐怖の解放、417Hz変容の促進、528Hz DNAの修復、639Hz人間関係の向上、741Hz問題の解決 852Hz直感力の覚醒、963Hz宇宙と繋がる、といった感じだ。こう見てみると、精神世界な感じが強くなるので、好き嫌いは分かれると思うが、これも試しにダウンロードしてしばらく聞いてみた。
 これらは完全にトーンだけの音だったので、気分で選んで少しずつ浸っていくのだが、正直時間がかかるのだろうなと感じた。例えば963 Hzを聴き続ければ、すぐに宇宙と繋がることでもなく、それなりの時間は要するだろう。
 ただ、使い方として人間関係を向上させようという意識で639Hzを聴くと、その方向に事が運ぶような気はした。自分自身をそう設定することが、そこへ向かう大きな力となるし、効果もあると思うからだ。その上で、音の効用もあるならそれに越したことはない。
いずれにしても、その是非は生活の中で聴くことを習慣化した上でこれから感じ取っていくことになるだろう。
 ソルフェジオ音階がらみで言うなら、グレゴリオ聖歌は、この音階で作られているとのこと。7世紀に編纂されたこの宗教音楽に528Hzが含まれていて、あの合唱曲の暗いながらも心が休まる感じの理由の一つになっていると思う。
 ソルフェジオにしろ、528Hzにしろ、その効用について興味は尽きない一方で、わずか1Hzの差も認めない厳格さには疑念がなくもない。
 フランス医アルフレッド・トマティス博士によるトマティス理論では、その厳格さが緩くて、枠組みとしては、こちらの方が感覚的に共感できる。トマティス理論によれば、周波数枠によってそれぞれ対応する効用が決まっていて、例えば4000~6000Hzの音は延髄に働きかけ、快眠・血行促進・免疫力向上に効き、2000~3000Hzは頚椎に働きかけ、目眩、鼻づまり、眼精疲労に効くといった具合だ。ちなみにモーツアルトの音楽は3500~4000Hzの周波数を多く含むので、免疫向上が期待できるとされるのもこの理論上では納得がいく。

4ページ目につづく

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように見ていくと、音楽、音、つまり周波数が人に与える影響は、想像以上に心身の健康に影響するし、その人の状態を診る時に、どんな音楽を好むのかを知ることで、いわば問診にもなることが分かる。
 同じ音楽が好きな人と話が合うのは、ただ単に趣味が一緒という以上の、心身全体のコンディションでの共通性を示しているとも言える。
 若い世代がカタルシスを音楽に求める傾向がある一方で、年配の世代は安らぎを音楽に求める。そこには個体を超えた種の中での役割を映しているようでもある。もちろん例外は必ずあり、8歳の子供がバッハのグルトベルク変奏曲にはまり、80歳の老人がロックンロール!と叫んだって構わない。
 ただ、528Hzやソルフェジオ音階などの、巷に溢れている音楽にはない周波数を浴びるように聴くという音の楽しみ方も、選択肢の一つとして受け入れたいと思う。
 音楽家には、周波数に関してとても感度の高い人達もいて、例えばジョン・レノン。彼のイマジンには意図的に528Hzが含まれているし、ビートルズ時代のアルバムにもいくつか残っている。
 528Hzの音叉を水に入れて鳴らすと、その水が美味しくなるという。これは試していないが、さきほどその音叉を注文したので、数日後には試せるだろう。いい音が水に与える好影響は以前から言われているが、70パーセントが水から出来ている私たちの身体も、いい音、周波数から影響を受けるのは当然で、識別して接することで、セルフヒーリングの助けとなるはずだ。
 何事にも、ドアの向こうが必ずある。
 スピーカーやヘッドフォンからだけでなく、無限の音場に耳を向けること。自分を理解してくれる音を見つけること。忘れてはいけないのは、遠くに探さないことだ。全ては手の届く場所にあって、私たちに見つけてもらうのを待っている。目の前のコーヒーカップがどう響くかを、あなたは知っているだろうか?

(つづく)

※『藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」』は、新月の日に更新されます。
「#33」は2016年9月1日(木)アップ予定。

 

 

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。