体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『シン・ゴジラ』初日レビュー 「世界よ、これが日本だ」政治ドラマの最高傑作!

20160616-shingodzilla02

エンドロールに”終”の文字が現れた直後、どこからともなく客席から拍手が巻き起こった。試写会でもなく、舞台挨拶付きのプレミア上映でもない。ただの上映初日の1コマで、こんなことは日本ではまず起こらない。しかし、ゴジラ史に残る”名作誕生”の瞬間に居合わせた興奮は、客席にいた多くの人が共有した感覚だったのではないだろうか?

■ ハリウッドに迎合しない、これが邦画ゴジラの在り方だ!

正直、『シン・ゴジラ』を観る前は気が重かった。直近のハリウッド版『GOZILLA』(2014)が、話も映像もかなり良くできていたからだ。予算も技術も時間も、何もかも規模が違うことは分かっている。しかし比較せざるをえない。時に辛口レビューも書くが、何とか邦画を盛り上げたいが故、できればあまり悪口は書きたくない……。
しかし、上映開始直後、そんな懸念はあっという間に吹き飛んだ。それどころか今この瞬間、ゴジラ史、いや邦画史の新たな1ページに立ち会っている、そんな確信にも似た高揚感に包まれた。内容について多くは語らない。これは、『ゴジラ』本来のテーマへの原点回帰であり、かつ、これまでの『ゴジラ』とは全く違う、新たな日本映画だ。さらに言えば『シン・ゴジラ』は、ただの特撮怪獣映画ではない、まさに現代日本の”今”を描いた”政治ドラマの最高傑作”と言って過言はない。

20160616-shingodzilla

■ ヒーロー不在、無駄な要素を徹底排除した組織ドラマ

『シン・ゴジラ』を見て気づかされたことがある。思えば我々は、あまりにハリウッド映画の文脈に毒されすぎていた。ラブあり、アクションあり、分かりやすい敵がいて、最後は主人公が大活躍。制作者たちも、そんな”正解”にとらわれすぎていたように思える。しかし、『シン・ゴジラ』で庵野秀明(脚本・総監督)は、そんなハリウッド文脈に明快なアンチテーゼをぶつけてくれた。この作品におけるゴジラは、ゴジラであってゴジラでない。ゴジラは自然災害や原発事故のような”想定外の事象”であって敵ではないのだ。その”想定外”に直面する政治家・官僚・役人たちの”日本型組織”と、内側で繰り広げられる人間ドラマの描かれ方が、ある種ドキュメンタリーのようでもあり、日本映画史に残る屈指の”政治ドラマ”とも呼べる秀逸作に仕上がっている。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会