体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テザリングできるアプリ『PayUpPunk』がAppStoreで1位に その後削除される

iPhoneをテザリングしてモデムとして使うことができるようになるアプリ『PayUpPunk』がAppStoreで話題になっていた。このアプリは脱獄アプリではなく、AppStoreの審査を通って登録されたアプリなのだ。85円の有料アプリだが、このアプリをダウンロードして設定してしまえばテザリングが可能となってしまうのだ。

しかもAppStoreの有料カテゴリで1位になっておりレビューでも「テザリングできました」「アプリ代金以外に請求されないの?」という書き込みがされていた。なお、現在このアプリはAppStoreから削除されておりダウンロードすることができない。

このアプリを運良くゲットできた人は、自己責任で使用してほしい。
WindowsかMacにてワイヤレスネットワークの設定を行えば簡単にテザリングが可能となる。使い勝手としては少々使いづらいらしいが、脱獄なしでテザリングできるとあってすぐにAppStore1位になってしまったこのアプリ。

このアプリはそもそもテザリングのことは一切書かれておらず、テザリングアプリとしてリリースしていないのだ。つまり隠し機能としてテザリングを仕込ませたようだ。過去にも隠し機能でテザリング機能を仕込ませたアプリがあったが、すぐにストアから消える羽目となってしまった。

テザリングはiPhoneの機能の一部なのだが、ほとんどのキャリアがそのテザリング機能を封印してしまっている。パケット量の増加を防ぐためだ。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。