体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニッポン放送が開発に絡んだワイドFM対応ラジオ『Hint』 吉田尚記アナ「男の子の心をくすぐるような気持ちがある」

DSC_0075

2016年7月20日(水)ニッポン放送地下2階イマジンスタジオにて、ニッポン放送・Cerevo・GOOD SMILE COMPANYの3社が新商品開発の記者会見を行った。ラジオ局とネット家電企業、そしてフィギュア業界という異なる業種の企業が力を合わせ、共同で開発した新商品とはいったい何なのか。今回は記者会見で発表された新商品について取材を敢行。

DSC_0001

定刻と同時に司会者のニッポン放送・吉田尚記アナウンサーが登場し、『ニッポン放送・Cerevo・GOOD SMILE COMPANY 新商品共同開発~発表記者会見』がスタートした。会場にはフロアが満席になるほどの取材班が集まり、新商品の発表を待ちわびている。吉田アナウンサーの挨拶が終わり、家電製品ベンチャー企業の株式会社Cerebo代表取締役・岩佐琢磨氏、フィギュア開発企業の株式会社グッドスマイルカンパニー代表取締役社長・安藝貴範氏、そしてデザイナー・メチクロ氏が登壇し、新商品の内容が紹介された。異なる業界の企業が力を合わせて作り上げようとしたモノ。それは”ラジオ”という驚きの答えだった。

DSC_0055

ワイドFM対応ラジオ『Hint(ヒント)』は、吉田アナウンサーが”カッコいいラジオが欲しい”と発言したことがキッカケで開発が始まる。”ラジオ局がラジオを作る”という前代未聞の企画。読者の中には、「何がスゴいの?」と首をかしげてしまう方もいるかもしれない。そこで、今回は『Hint』がどのような商品なのかを紹介。

hint_main_pic2b_fix hint_main_p1_cut_fix

上図は3社合同で開発した『Hint』のイメージ画像。
まずは名前の由来から説明すると、Hintという単語には”気配”という意味がある。この”気配”をキーワードにしたのが本商品の見どころ。デザイナーのメチクロが、360度すべての方角から同じ音源を聞くことができる『無指向性スピーカー』を開発した。吉田アナウンサーは、「ラジオは気配を感じさせるから、寂しさを忘れさせてくれる」と説明。つまり、部屋のどこにいても同じ音を楽しむことができる代物。

hint_main_p1fix

もちろん、良質な音源を聞けるだけの商品ならば、既存のラジオ機器と大差ないだろう。視聴者の中には、ラジオ以外の機能を求めている人もいるかもしれない。
そんな問題を解決するため、『Hint』は携帯電話とワイヤレスで繋ぐことができるBluetoothスピーカー機能を搭載している。Bluetoothが内蔵されていることで、自分たちが普段から使用している携帯電話やパソコンにインストールしている音楽を、スピーカーとして利用することも可能。ラジオだけでなく、お気に入りの音楽を良質な音源で楽しむことができる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。