ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉野家、スマートフォンでボトルキープが行える「デジタルボトルキープ」サービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

牛丼チェーンの「吉野家」が 20 日よりスマートフォンでボトルキープが行える「デジタルボトルキープ」サービスを開始しました。「デジタルボトルキープ」は、吉野家の店舗で販売されているビールや焼酎をアプリ上で仮想的にキープできるサービスで、全国 540 店舗の吉野家で利用することができます。アプリでボトルキープをするというのは 10 杯分の生・瓶ビール、または焼酎をアプリにストックすることです。アプリでボトルキープを行うと、10 杯合計で通常よりも 500 円安く購入できます。キープしたボトルはアプリで残量を確認できるほか、対応の全店舗でキープ分から注文することができます。しかし、有効期限(6 ヶ月)を経過するとキープ分は無効になります。「デジタルボトルキープ」は吉野家の WEB サイト、または「EPARK KeepService」アプリで行えます。Source : 吉野家

■関連記事
米国企業がAndroid 7.0で発売するプロジェクター付きスマートフォン「Movi」を発表、11月に予約を開始
Moto X Pure Editionに5月のセキュリティパッチを含むアップデートが配信開始
ZenFone 3 ZE552KLのベンチマークスコア

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP