ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「就活ぶっこわせデモ」 就職活動に疑問を抱く学生らが企画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「ゆとり世代の反乱」の副題がついた就活デモ公式ブログ

 「御社が第一志望です」に効果はあるのか。面接で常に笑顔でいることの意味は? そもそも企業はなぜ新卒一括採用を行うのか・・・。採用する側のルールに従わざるを得ない就活に疑問を抱いた学生らが2011年11月23日の”勤労感謝の日”に、都内で「就活ぶっこわせデモ」を行う。

 デモを主催する「就活に疑問を持つ学生の会(仮)」の小沼克之氏によると、きっかけは「外国人の友達から『なぜ日本では卒業後すぐ就職しなければならないのか』、『インターンやボランティア活動をしたあとではダメなのか』と聞かれ、疑問を持った」こと。デモを通して訴える相手は、「経団連と政界、そして地域社会」だ。「就活に苦しめられている学生がいること、ちゃんと声をあげている学生がいることを知ってもらいたい」と語る。

 実行委員会にあたる「就活に疑問を持つ学生の会(仮)」には現在、20数名の学生が名を連ねているという。

「メンバーは実際に就職活動中の者、内定をもらった者、そして私のように卒業後、起業を考えている者などです。なかには、すでに『脱・就活』してしまった人もいます」

と小沼氏。「企業のなかには『説明会に出ていない人は採用しない』、『何人以上OB訪問をしていない人は採用しない』というところもあって、皆、こうした制度を変えたいと思っている」と話す。

 小沼氏ら主催者側には現在、ツイッターなどを通じ「批判と賛同、そして煽り」のコメントが多数寄せられているという。

◇関連サイト
・11月23日(祝)に就活デモを決行!! 若者も怒ってるぞ!! ~ゆとり世代の反乱~ – 公式ブログ
http://hosyukakumei.blog.fc2.com/

(土井大輔)

【関連記事】
“残念な”エントリーシートは即「さよなら」 ゲームメーカー採用担当の就職指南
「面接に着て行く服がない」被災地の若者が語る「就活の悩み」
シューカツでは 「就職予備校に通う」 よりも 「したたかにやれ」
「起業するアイデアがなければ考えよ、それに尽きる」 孫正義×ルース大使 対談全文(後編)
「ピンフ上がりで会社辞めるな」 西原理恵子、麻雀に例えて独立指南

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。