体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】宮崎県人が歓喜する”冷汁”的な何かを食べてみた結果 @『土風炉』

tofuro023_R

秋葉原でナンバーワンのネットメディアを目指すガジェット通信ですが、とりあえず外回りの筆者(YELLOW)的には、ここ最近の暑さにやられっぱなしで御座います。というわけで、救済措置として勝手に始めた

「冷たい食べ物特集」

的な何かとして、今回もボチボチ進めてみたいと思います。

蕎麦にこだわった居酒屋『土風炉』

tofuro021_R

北海道産幌加内の蕎麦粉を100%を使って、そこにダッタンソバを加えた本格的な手打ち蕎麦を出す『土風炉』は、基本的には居酒屋ですがランチタイムは蕎麦を食べに来る人が多かったりします。

tofuro003_R

蕎麦というシンプルな食べ物は、ほぼほぼ原材料で決まる部分もありますが、やはり究極的には

「挽き立て、打ち立て、茹で立て」

で決まると言っても過言ではありません。

tofuro001_R

というわけで、チェーン店ながらも“三立て”にコダワル『土風炉』には、ちょっと注目していた筆者でした。

『いりこ出汁たっぷり冷汁蕎麦』を所望する!

tofuro000_R

初見なので普通に“もり蕎麦”辺りを食べるのが妥当ですが、この日もスゲー暑かったので、より冷たそうな

『いりこ出汁たっぷり冷汁蕎麦』(880円)

をチョイスしました。いわゆる宮崎県の郷土料理“冷汁”を味わいつつも、この『土風炉』の蕎麦も楽しめる嗜好で御座います。

『いりこ出汁たっぷり冷汁蕎麦』を食す!

tofuro022_R

整いました。

とりあえず、ほぼほぼ写真と同じビジュアルでして、再現度は高めかと思われます。

tofuro024_R

冷汁仕立てという事で、冷汁っぽい具の数々も賑やかでして、これは期待出来るんじゃないでしょうか?

蕎麦が普通に美味い件

tofuro031_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。