ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グランドスラム大会で使われたテニスボールがスピーカーに!捨てるはずのボーズを再利用した「hearO」はクリアな音質

DATE:
  • ガジェット通信を≫

様々なスピーカーが登場している中、ユニークなスピーカーが登場した。
「hearO」は、テニスボールからつくられたスピーカー。
実は、多くのテニスボールが4つのグランドスラム・トーナメントの後、廃棄されているという。このことに注目したロンドンのデザイン会社が、使い回された古いテニスボールを使い、スピーカーを開発。
現在、kicksutarで資金を募っている。

・テニスボールの特性が生かされたスピーカー

「hearO」は、ボールの内部のゴムが、過剰な振動を吸収する効果を果たすため、クリアな音を楽しむことができる。
ボールの底にスイッチを切り替えれば、ブルートゥース対応のスマホやタブレット、コンピューターなどと接続することも可能だ。
連続再生時間は、フルチャージで5時間とのこと。
制作にあたり、ウィンブルドン、US、フランス、
全豪オープンの各々のトーナメントからボールを集めるための交渉が進められているという。

・カラーは6色、£45から出資を募集中

現在kickstarで£5(約600円)から出資を募っており、£45(約5200円)の出資で、
hearOsetを手にすることができる。
色は、標準的な蛍光黄色の他に、6色を用意。
順調にすすめば、11月から配達が開始予定。
このユニークな形のスピーカー、ぜひ試してみてはいかがだろう?

hearO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP