ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】「ゲリラ雷雨防衛隊」始動! 身近な空を撮って予測が難しい大雨による被害を減らそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
gerira - 1

「ゲリラ雷雨」。夏に起こる予測が難しい突発的な大雨。去年(2015年)の夏は、全国で約4,000回ものゲリラ雷雨が発生したとのこと。

そんなゲリラ雷雨の被害を少しでも減らそうと、お天気アプリのweathernewsが「ゲリラ雷雨防衛隊」を発足。

今年も被害ゼロを目指して活動を開始します。隊員は全国のweathernewsユーザー、すなわちあなたです。

・どうやって観測するの?

gerira - 2ゲリラ雷雨防衛隊のすることはひとつ。空を確認し、雷雲に発達しそうな怪しい雲を探してリポートするだけ。

全国から集められたリポートを元に、防衛隊本部が解析。雲の発達状況を把握、ユーザーへの注意喚起に役立てます。

ゲリラ雷雨防衛隊への入隊方法です。ハンバーガーメニュー→ゲリラ雷雨ch.→ゲリラ雷雨隊とは?→入隊を選択しましょう。

・実際に怪しい雲の様子を送ってみた

gerira - 3

入隊したら、さっそく空の様子をリポートしてみましょう。

曇り空を写真に撮って、いくつかの簡単な質問に答えるだけで完了。この内容によってゲリラ雷雨の深刻度を判断しているようです。

実際にこの空の様子を送ってから約1時間後、激しい雨が降ってきました。

・多くの情報で被害ゼロを目指す

gerira - 4スマホがあれば、住んでいる地域の空模様を報告できます。そして、たくさんの情報が集まれば、予測が困難なゲリラ雷雨を察知し、被害を減らせます。

スマホとちょっとした気遣いがあればできる活動です。今年の夏もより多くの防衛隊が活躍し、雨による被害を減らせればと思います。

ゲリラ雷雨防衛隊の詳細はこちら→ゲリラ雷雨防衛隊2016

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。