ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作恋愛小説の世界でゾンビアポカリプス大発生! カンフーで戦え! 映画『高慢と偏見とゾンビ』日本公開決定[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


18世紀イギリスの片田舎で、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを綴った恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』。その舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼び、200万部 を越えるベストセラーとなった大ヒットマッシュアップ小説『高慢と偏見とゾンビ』が実写映画化。9月より日本公開が決定いたしました。

舞台は、謎のウィルスが蔓延し、感染した者がゾンビ化していた18世紀イギリス。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていました。そんなある日、屋敷の隣に引っ越してきたのは大富豪の騎士ダーシー。狂喜乱舞する姉妹でしたが、次女エリザベスだけは彼の高慢な態度に嫌悪感を抱いていました。しかし、人類とゾンビの最終戦争が勃発し共に戦うことになると、二人は互いの偏見に徐々に気づいていき――。

……という、非常に面白そうなストーリー。唐突な“ゾンビ”や“カンフー”といったワードに心がザワつき、同時にワクワクいたします。キャストには英国文学の世界観を体現するべく、若手から重鎮まで多彩な英国俳優を集結させたそうで、18世紀イギリスのクラシックな世界観とゾンビのマッチングにも期待せざるをえません。主人公のエリザベスを演じるのは、『シンデレラ』や『ダウントン・アビー』のリリー・ジェームズ。ツンデレな大富豪の騎士ダーシー役は、『マレフィセント』のサム・ライリーが演じます。監督・脚本は『セブンティーン・アゲイン』の気鋭バー・スティアーズ

小説版『高慢と偏見とゾンビ』は発売当初センセーションを巻き起こし「ニューヨークタイムズ紙」のベストセラーリスト入り。この小説が話題となる前から目をつけていたのは、映画プロデューサーでもある女優ナタリー・ポートマン。彼女が今作の製作を務めるアリソン・シェアマーへかけた1本の電話が、今回の映画化プロジェクトを始動させることとなったそう。
ロマンス×ゾンビ×アクション、すべてを楽しめるよくばりムービー『高慢と偏見とゾンビ』は9月よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国順次ロードショーDEATH!! どうぞお楽しみに。

監督 /脚本 :バー・スティアーズ『セブンティーン・アゲイン』
原作:「高慢と偏見とゾンビ」ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス著(二見文庫 安原和見:訳)
出演:リリー・ジェームズ『シンデレラ』、サム・ライリー『マレフィセント』、ジャック・ヒューストン『アメリカン・ハッスル』、ベラ・ヒースコート『ダーク・シャドウ』、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、マット・スミス『ターミネーター新起動/ジェネシス』
配給:ギャガ

公式HP:http://gaga.ne.jp/zombies

(C) 2016 PPZ Holdings,LLC

ホラー映画情報、ホラー系エンタメニュース『ホラー通信』:http://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP