ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピットブル、ついに【ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム】入りの日決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ピットブルのハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム入りが発表されてから2年、ついに彼の名前入り星形プレートが歩道に埋め込まれる日がハリウッド商工会議所(The Hollywood Chamber of Commerce)により発表された。

 ピットブルは7月15日の金曜、Celia Cruz SquareにあるEastownの前にて2,584個目の星に輝く予定とのことだ。セレモニーには、俳優兼ラッパーのルーザー・キャンベルや演説家で作家のトニー・ロビンズなどがゲストスピーカーとして出席するという。

 セレモニーのプロデューサーを務めるアナ・マルティネスは声明にて、「世界はピットブルの物語と卓越したその才能に魅了されています。ハリウッド界は、世界で最も有名なランドマークのひとつであるハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに彼の星を入れることでその功績をたたえ、両手を広げて彼を迎えます」と述べている。

 キューバ人の両親を持ち、チャートNo.1アーティストで事業家でもあり、現在はプリンス・ロイスとFarrukoとともに全米ツアー中のピットブル。これまでハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム入りしているラテン・アーティストは、タリア、ジェニファー・ロペス、ビセンテ・フェルナンデス、アンジェリカ・マリア、マナーほか数多くおり、彼らと並びピットブルの名も刻まれる。

関連記事リンク(外部サイト)

ピットブル、新作スパニッシュ・アルバム『ダーレ』を7月発売 先行シングルも配信開始
ピットブル TVで話題のイルマニアも出演した最新作キャンペーン動画の第2弾を公開
延期されていたラテン音楽フェスにピットブル、ドン・オマールほか出演へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP