ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが2機種のAndroid Wearスマートウォッチ「Angelfish」「Swordfish」を独自開発しているとの噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が社内で 2 種類の Android Wear スマートウォッチを独自に開発していると、海外の WEB サイト Android Police が信頼できる筋からの情報として伝えました。噂の Android Wear スマートウォッチは次期 Nexus の後に発表されると言われています。時期は明確ではありませんが、年内にも発売される可能性は高そうです。同サイトによると、一つ目のコードネーム「Angelfish」は大型でスポーティな外観、LTE や GPS、心拍センサー、ボタンを 3 つ搭載しています。本体の直径は 43.5mm で、厚みは 14mm とされています。また、Google Mode リストバンドには対応しないそうです。もう一つの「Swordfish」は、本体の直径が 42mm の小型モデルで、Angelfish に見られる GPS やモバイルデータ通信機能はありません。どちらも、円型のディスプレイを採用しており、Google I/O 2016 で発表された「Google Assistant」を統合したファームウェアを搭載しています。これらの情報からすると、Swordfish はスタンダードモデルで、Angelfish は Moto 360 Sport と LG Watch Urbanse 2 LTE を組み合わせた高機能モデルになりそうです。Source : Android Police

■関連記事
BlackBerry、Priv向けに7月の月例アップデートを配信開始
「Nokia P1」と呼ばれるNokiaスマートフォンの画像が出回る
Huaweiが開発している「EMUI 5.0」の画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP