体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ルーク・ケイジ』主演マイク・コルターに聞く 心身ともに屈強なオトコになるための心構えとは?

IMG_3209_f

『Netflix』とマーベルによる実写シリーズ第3弾『ルーク・ケイジ』が、9月30日(金)より全世界同時配信をスタートする。すでに配信中の『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』に加え、公開を控える『アイアン・フィスト』とクロスオーバーしながら、後にスーパーヒーローたちが共闘する『ディフェンダーズ』へとつながっていく構想だ。

このたび、『ジェシカ・ジョーンズ』に出演し、『ルーク・ケイジ』では主人公を務めるマイク・コルター(ルーク・ケイジ役)にインタビューを実施。ひと足早くシリーズ最新作の注目ポイントに迫ったほか、無敵の皮膚を持つ男に、身も心も強くなるための極意を教わった。

なお、先週末のサンディエゴ・コミコン2016で公開されたばかりの最新映像では、弾丸でも傷つかないルークのパワフルな戦闘シーンも目にすることができる。

Marvel ルーク・ケイジ 特別映像(YouTube)
https://youtu.be/ri2TEfrue5I

――『ルーク・ケイジ』の配信が今から待ち遠しいです! 『ジェシカ・ジョーンズ』を観た限り、ルーク・ケイジは肉弾戦において最強に近いヒーローだと思うのですが、主演作ではどのようなピンチが待ち受けているのでしょうか?

コルター:ジェシカと同じく、ルークは過去の何かから逃げていて、今の生活ではそれを横に置いてしまっている。そのことが、今のルークを形成しているんだ。今の自分が何者であるかというのは、人間なら誰しも、幼少期の出来事に起因していることが多いと思う。大きくなっても向き合うべき問題というのは変らない。ルークの物語は、彼がいかにして大人へと成長していったか、そして、いかにしてスーパーヒーローになっていくのか、その両面をパラレルで描いていくんだ。

――『ルーク・ケイジ』は、作風やトーンの面でこれまでのシリーズと違いがあるのでしょうか。

コルター:ニューヨークのハーレムを舞台にしているのが一番の特徴だ。マンハッタンがテレビでよく見るニューヨークの街並みなのに対して、ハーレムはアフリカ系アメリカ人の文化が根強い。最近は様々な人種の人々がハーレムを「ホーム」と呼んで、昔とは少し変わってきているけどね。そういうストリートで培われた豊かなカルチャーが詰め込まれているし、ヒップホップなどの音楽を多用しているのも注目して欲しいな。

Colter_1

――様々なヒーローがいる中で、ご自身が考えるルーク・ケイジの一番の魅力は何でしょうか?

コルター:まずはアフリカ系アメリカ人のヒーローだということ。あとはかつて投獄されていて、後天的に能力を得たところもユニークだと思う。彼はスーパーヒーローになりたいと思っていない。人に注目されるのが得意じゃないし、すごく謙虚なキャラクターだ。能力をひけらかすのではなく、人から必要とされるから仕方なく力を発揮するだけなんだ。

――原作の黄色いコスチュームを着てくれるか楽しみにしているのですが、何かコミックのファンが喜びそうなポイントがあれば教えてください。

コルター:ファンが喜んでくれそうなポイントはたくさんあるよ。物語では銃弾をたくさん浴びるけど、当然ながら貫通することはない。でも、なぜか悪者はそのことを学ばないようなんだ(笑)。だから何度も撃ちまくる。実際に会ったら、みんな試しにやってみたいんだろうね。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy