ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは、曲がるスマートフォンでエッジスクリーンを活用した機能を研究中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung がフレキシブルディスプレイを搭載した曲がるスマートフォンまたはタブレットながらはの操作方法に関する特許を米国で出願していました。Samsung は 2017 年にも長らく噂されている曲がるスマートフォンを発売すると報じられており、投入機種の有力候補として、広げると 7 ~ 8 インチのタブレットになる 5 インチ型のスマートフォンだと言われています。今回の特許では、端末は 2 つ折り財布のように半分に曲がる形状を採用しただけではなく、ディスプレイの端にも表示領域が設けられています。エッジスクリーン付きということです。特許の説明では形状のみならず、エッジスクリーンを活用して、この部分に表示されるアイコンをタップして展開すると、ロック画面を解除したり、特定のアプリを起動状態にしたり、ユーザープロファイルを変更できるといった独特な使い方までも特許の範囲となっています。Source : Patently Mobile

■関連記事
上海問屋、光と音で失くした物を発見できる無線キーファインダー「DN-914010」を発売
千葉ロッテマリーンズ、公式Androidアプリをリリース
Sony Mobile Xperia XA(F3115) 開封の儀&ファーストインプレッション

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP