ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

島忠、家具やインテリアを実際の部屋に配置してシミュレートできるARアプリ「シマホ AR」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

島忠は 7 月 1 日、同社が販売している家具やインテリアを実際の部屋に配置してシミュレートできる AR アプリ「シマホ AR」をリリースしました。「シマホ AR」は、スマートフォンをかざしてカメラ越しに映る部屋に、テーブルやソファーなどの同社が販売している様々な商品を実寸サイズで配置して様子を確かめられるアプリです。アプリで配置できる商品は 39 万点もあり、豊富な種類の中から好きな色や大きさ、デザインの家具が自分の部屋似合うのか、どのような仕上がりになるのかを確認することができます。同社の公式サイトで配布されている AR マーカーをプリントアウトして、部屋に置いて「シマホ AR」の「マーカーあり」からアプリを立ち上げると、実際のサイズで家具の配置をシミュレートできます。アプリは島忠の販促用ですが、世の中には似た家具は沢山あるので、家具の新潮や模様替えの検討の際の参考として利用することにも役立つと思います。「シマホ AR」(Google Play ストア)Source : 島忠

■関連記事
EtorenでNexus 5X 16GBモデルが28,640円!!
Xiaomi、VRに特化した「Mi VR」アカウントをWeiboで開設、8月にDaydream対応デバイスを発表するとの噂
「ZenPad 3S 8」か? ASUS Z581KLの存在が確認される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP