体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】大阪で人気のカレーとやらを試してみた結果…… @『上等カレー』

jo-curry021_R

秋葉原のグルメと言えばガジェット通信の“秋葉原制覇”を読めば間違いなし!

と、いう風潮が日本に定着するまで頑張り抜くと決めた筆者(YELLOW)ですので、何気に週末は秋葉原でカレーを食べたりラーメンを食べたりする日々で御座います。

そんな筆者の縄張りである秋葉原に大阪から刺客がやって参りました。

昭和58年創業!『上等カレー』がやって来た件

jo-curry019_R

大阪では勢いがあるらしい『上等カレー』が、ついに秋葉原に進出して来ました。

神保町でカレーを食べ歩き、華麗に秋葉原に凱旋した生粋の“カレーマニア”である筆者に対する挑戦状でしょうか?

しかし!

カレーマニアである前に、秋葉原を愛する一人の男として、あえて言おう!

「もうコレ以上、秋葉原にカレーは必要ないんじゃね?」

どうせ進出するなら、もっと別な系統の飲食店に来て欲しいと思う筆者で御座います。

『トンカツカレー』を所望する

jo-curry015_R

とりあえず大阪のカレーというと筆者的には『自由軒』なイメージで御座います。むしろ『ニューライト』の“セイロンライス”こそリスペクトです。

jo-curry017_R

そんな筆者の勝手な思い込みを覆したのが、新橋で食べた『スズメバチカレー』でして、大阪のポテンシャルを思い知る事になりました。

jo-curry016_R

というわけで、大阪っていうか関西方面のカレーに関しても興味津々な筆者ですので、この『上等カレー』が秋葉原にオープンすると知った瞬間から『トンカツカレー』を食べると心に決めていたのです。

『トンカツカレー』を食す!

jo-curry024_R

整いました。

とりあえず看板メニューである『トンカツカレー』(880円)をオーダーしたのですが、要するにカツカレーって奴で御座います。

なんでも甘さと辛さが同居した“甘辛カレー”的な味が、この『上等カレー』の売りらしいです。

jo-curry018_R

ちなみに“第5回神田カレーグランプリ”で優勝した実力店との事で、前評判は上々で微妙に行列になりそうでならなさそうな感じでした。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。