体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】ローストビーフと米の組み合わせに悩んでいます(43歳独身男性) @『ローストビーフ大野』

oono021_R

ガジェット通信の編集部がある秋葉原と言えば、昔は電子部品やらジャンクパーツの街でして、こと飲食に関しては不自由極まる街でした。

しかし!

今はすっかり観光地と化し、ほぼほぼグルメな街になっています。

しかも!

とりあえずカレーに関しては日本一の密度を誇り、ラーメンや肉系メニューに関してもトップレベルと言っても間違いないでしょうか?

というわけで、“秋葉原制覇”が続く限りは、筆者(YELLOW)もネタを考える時間があったら、さっさと食べに行けよHEY!みたいなプレッシャーを感じる日々で御座います。

ローストビーフの時代がキテるんじゃね?

oono002_R

昔は“肉=悪”みたいな時代があり、その後は“炭水化物=悪”みたいな流れになり現在に至ります。

そんな感じでいつの間にやら“肉”は意外とダイエットの敵じゃないぞって話になり、女子の間で脂の少ない“赤身肉”的な何かがキテる予感で御座います。

例えば馬刺し、肉寿司、ローストビーフなどが注目されている予感です。

oono000_R

なので、筆者的にはさして興味のない“ローストビーフ丼”ですが、都内でもちょいちょい目に入るレベルまで増えて来ました。

そんな“ローストビーフ丼”の最先端が、今回紹介する『ローストビーフ大野』なのです。

いつも行列な『ローストビーフ大野』

oono004_R

そして!

言うまでもなく人気店なので、この『ローストビーフ大野』もちょいちょい並ぶ必要があります。

秋葉原の飲食店で人気がある店は行列必須なわけですが、この『ローストビーフ大野』は女子層も並んでいるのが印象的ですね。

「牛丼はダメだけどローストビーフ丼なら良くってよ!」

的な囁きが聞こえてくるのは筆者だけでしょうか?

『ローストビーフ丼』を食す!

oono022_R

はい、というわけでさしてローストビーフを欲していない筆者の『ローストビーフ丼定食』(1000円)が降臨なされました。

ん~……。

どうでしょう?

このグラフィックでキャッキャ出来る人達が羨ましいというと、ちょっと上から目線で恐縮なのですが、あえて言おう!

oono028_R

「騒ぐほどの盛りじゃなくね?」

絵的にはちょっと凄そうに見えますが、丼も小さいので成人男子(デブ寄り)の筆者には物足りない感は否めません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。