ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最安378円のAndroidスマートフォン「Freedom 251」、6月30日にインドで発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドで今年 2 月に、世界最安の 3G スマートフォンとして発表された「Freedom 251」が 6 月 30 日に現地で発売されることが分かりました。Freedom 251 は、現地で 251 ルピー(当時は 378 円)というワンコイン(500 円以下)でお釣りがくるほどの安さで世界から注目を集めていた Android スマートフォン。インドメーカーの Ringing Bell は 24 日、Freedom 251 を 6 月 30 日に発売すると発表し、同日より販売を開始しました。同社は初回分として 20 万台の Freedom 251 を準備しています。Freedom 251 は、4 インチディスプレイ、1.3GHz 駆動のクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 320 万画素カメラ、前面に 30 万画素カメラ、1,450mAh バッテリーを搭載し、2G / 3G に対応しています。Ringing Bells は Freedom 251 を Adcom という中国の端末メーカーから 1 台あたり 3,600 ルピー(約 6,000 円)で調達していたことが判明しており、勝手にブランドを変えて再販することを違法だとして、Adcom から訴えられそうになっていましたが、問題は解決したのでしょうか。Source : Fuzzila

■関連記事
Netflix、モバイルアプリに動画のオフライン再生機能を追加する計画
製品箱がVRヘッドセットになる「Alcatel Idol 4」が英Cloveで発売開始
Google、Android Nの正式版でナビゲーションボタンのデザインを刷新か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP