体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)システムUIのスクリーンショット

Android 4.0のSDK ROMをNexus Sにインストールして撮影したAndroid 4.0のスクリーンショット(システムUI編)です。カスタムROMなのでリリース版のAndroid 4.0とは異なる場合があります。

ロック画面

デザインはHoneycomb、操作方法はGingerbreadといった感じになっています。画面下中央のアイコンを鍵アイコン側にスライドさせるとロックを解除でき、カメラアイコン側にスライドさせるとロックが解除されると同時にカメラが起動します。Ice Cream Sandwichではロック画面そのものを無効にできること、また、画面上に所有者情報(フリーテキストです)を表示できるようになっています。紛失時に役立つかも知れません。

ホーム画面

アプリドロワーボタンの行にもアプリを配置できるようになりました。アプリを入れ替えることもできます。ゴミ箱アイコンが画面上部に移動されています。ホーム画面は全部で5つ。

Ice Cream Sandwichのホームアプリはデフォルトでランドスケープ表示にも対応しています。

アプリドロワー

基本は横スクロールのページ切り替え方式です。「アプリ」タブではアプリ一覧、「ウィジェット」タブではホーム画面に配置するためのウィジェットおよびショートカットが一覧表示されます。その右側にはマーケットを直接起動できるショートカットが配置されています。

ウィジェットとホーム画面長タップメニュー

ウィジェットはAndroid 3.1以降と同様にリサイズできます。Gingerbreadでホーム画面を長タップするとウィジェットやショートカット、壁紙、フォルダメニューが表示されますが、Ice Cream Sandwichでは、壁紙の選択画面が表示されます。

Google検索

Ice Cream Sandwichでは、画面上部にGoogle検索バーが表示されるようになっています。ホーム画面を切り替えても表示されます。UIは次の図のような感じで、これまでのものと操作方法は同じですが、デザインが新しいものになっています。音声検索のデザインも変わっています。

1 2 3次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。