体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『イージス』を超えるのか? バイク専用レインスーツ『バイカーズ』を手に入れたぞ!

bikers000_R

下着から靴下、Tシャツに至るまで『ワークマン』尽くしな筆者ですが、最近は防寒着や雨合羽まで『ワークマン』を愛用しています。

「何故、そこまでワークマンにコダワルのか?」

と疑問に思う人も少なくないと思うので、あえて言おう!

「お前はワークマンを着た事があるのか?」

恐らく疑問に思っている人達は、総じて『ワークマン』の服を着た事がないと思われます。実用性とコストパフォーマンにおいて(略

というわけで、さして『ワークマン』に興味が無い人達にもオススメしたい、巷で噂の『バイカーズ』を手に入れた筆者が早速チェックしてみました。

レインスーツ『バイカーズ』とはなんぞや?

bikers002_R

簡潔に言えばオートバイを乗る人の為に『ワークマン』が本気で作ったレインスーツ、すなわち“雨合羽”で御座います。

今回、本気で作るに至った経緯としては、作業服としての雨合羽である『イージス』がバカ売れした背景があり、実用性と価格、品質のバランスが取れれば一般の人達にもウケるという事実を再確認したからなのです。

そして!

このヒット商品である『イージス』が、オートバイに乗る人達からの支持が高かったので、ならば本気でバイク用のレインスーツを作ろうとなったらしいです。

というわけで、社内で会議を重ね試作品を作りまくって、この2016年6月中旬にやっと製品化となりました。

バイク用のレインスーツとは?

baikers033_R

バイク用のレインスーツは、基本的にバイク用品店で買うのが今までの常識でした。オートバイは時速100キロ、人によってはそれ以上のスピードで雨の中を走る事もあります。

この様な超過酷な環境でもズブ濡れにならないだけの防水性能は、なかなか市販のレインスーツには無かったのです。

時速100キロで走れば雨の粒も100キロで衝突するので、レインスーツの縫い目やファスナーから風圧で押し込まれて雨が侵入して来たりするので、かなり本格的なレインスーツでなければバイク用には使えません。

また、オートバイの場合は何時間もシートに座っている事もあるので、一般的なレインスーツだと“お尻”と言うか股の部分から雨が染みて来る事も少なくありません。

というわけで、“バイク用のレインスーツ”は一般の雨合羽と違い、かなり特殊な環境で使われるので、どうしてもバイク用品店でバイク用のレインスーツを買うのが常識だったのです。

「だったらバイク用品店で買えばいいんじゃね?」

みたいな結論に到達しますが、どうしてもバイクユーザーにしか売れないので値段的には安くなかったりするのが悩みでした。

具体的に言えば、雨の中を一時間以上走るなら一万円くらいのレインスーツを選ばないと、悲惨な状態になるという事で御座います。

【驚異の耐水圧15000mm】とにかく防水性能にコダワッテみた

bikers005_R

『ワークマン』の名をバイク乗り達に知らしめた透湿防水防寒スーツ『イージス』も、多くのライダー達に支持されていますが、それでも微妙に

「バイクに乗るには残念な部分」

などもありました。そこら辺の声を『バイカーズ』に反映させる為に、この『バイカーズ』はあえて“透湿防水性能”を捨てて、変わりに圧倒的な防水性能を手に入れました。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy