体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西原理恵子×高須克弥著『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』(小学館)絶版・回収事件を考える(にんげん出版代表 小林健治)

西原理恵子×高須克弥著『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』(小学館)絶版・回収事件を考える(にんげん出版代表 小林健治)

今回は『連載差別表現 | 小林健治』からご寄稿いただきました。

西原理恵子×高須克弥著『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』(小学館)絶版・回収事件を考える(にんげん出版代表 小林健治)

『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』絶版・回収

5月25日、主要紙に全五段カラー広告を打ち、鳴り物入りで売り出された、西原理恵子氏と高須クリニック医院長・克弥氏の共著『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』(小学館)が、発売5日で突然絶版になった。
すでに書店に配布された本は、版元・小学館の要請によって取次店を通じて回収されているという。

いったい何があったのか。原本を読むことができたので、思うところを述べてみたい。
絶版・回収に至ったことについて、版元・小学館は公式には何も語っていないが、本書11ページにある以下の文章であることが明らかになった。

ばあちゃんの口癖は「お前は、そこらへんの漁師や百姓とは違う」。
幼い僕に、昔の栄耀栄華をよく語った。
こう言ってはなんだけれど、サイバラには栄耀栄華はないからね。
さしずめ、僕とサイバラは、白系ロシア人と農奴みたいなものか。

昔は「士・農・工・商・穢多(えた):非人(ひにん)」という身分制度があって「お前のひいおじいさんは、とても情け深い人で、“穢多も同じ人間じゃ。差別してはいかん”と言うて、穢多の子どもたちに餅を投げてやった。子どもたちがそれを拾って食べると“穢多の子は可愛いのう”と目を細めていた」と、ばあちゃんは言う。この話をすると、サイバラは「なんてひどいことするんだ。ものすごい差別じゃん!」って怒るんだけど。
僕が「学校で権十にいじめられた」って泣きついた時も、ばあちゃんは言った。
「権十のジジイはうちの小作で、年貢を納めるときは裸足で来たんじゃ。草履を履いて、ここまで入ってこられるような身分じゃない」

編集部の注釈は必要

たぶん、小学館の役員は、この箇所のとくに「昔は……」以下を部落差別につながる差別表現と判断し、高須氏に書き直しを依頼したところ断られ、止むなく絶版にし、回収措置をとったということのようだ(高須氏のツイート)。
また、本書には「うちの母親は産婦人科もやっていたからしょっちゅう妊娠してはおろしにくるパンパンがいっぱい来ていた」(15頁)という表現もある。
「パンパン」という言葉には、敗戦後やむを得ず進駐軍(アメリカ軍)相手に春をひさがざるをえなかった女性を貶める侮蔑語であり、何らかの注釈を、編集部で付した方が良いだろう。

結論から言えば、それと同じく10頁の、「昔は……」以後の文章も、著者の高須氏に書き換えを要請するのではなく、編集者の責任において、キチンとした注釈をつけて、原文のまま出版すべきだった。
高須氏を支援し、版元・小学館を批判する多くの人の意見を読んでいて、部落差別と差別表現の問題について、かなり誤解と偏見が見られるので、ここで改めて正しておきたい。

版元・小学館を批判する意見にある誤解と偏見

【1】「穢多(えた)」「非人(ひにん)」という言葉を使ったから?

差別語である「穢多(えた)」「非人(ひにん)」という言葉を使用しているから問題にされた、という意見について。拙著『差別語・不快語』(にんげん出版、2011年)、あるいは『部落解放同盟『糾弾』史』(ちくま新書、2015年)の中で、何度も強調しているように、部落解放運動が抗議してきたのは、差別表現であって、差別語の有無ではない。
ただ、差別語を使った差別表現が圧倒的に多かったために、「差別語の使用=差別表現」と曲解し、「禁句・言い換え集」を作り、“言葉狩り”を自主的に行ってきたのが、マスコミ業界だということ。
しかし、差別語を禁句にし抹消することは、逆に差別を隠すことに手を貸し、差別をなくすことには役立たない。
今一度、差別表現とは何かをかんたんに整理しておこう。

【差別表現とは】
○差別表現とは、文脈のなかに差別性(侮辱の意思)が存在している表現で、差別語が使用されているか否か、内容が事実か否かとは直接関係しない。

○差別表現を問うとは、表現の差別性を問うているのであって、表現主体の主観的な意図を問題にしているのではない。表現の客観性、その表現が社会的文脈の中でどう受けとられるかということ、つまり、表現の持つ社会的性格について問題にしているのである。

『一、吾々に対し穢多及び特殊部落民等の言行によって侮辱の意志を表示したる時は徹底的糾弾を為す』(全国水平社創立大会決議 第一項 1922年)

(1)差別語を使用した差別表現

「芸能界は(魑魅魍魎)な特殊部落だ」(玉置宏氏、『3時のあなた』1973年)

・『特殊部落』という言葉は、明治30年代、政府によって作り出された官製の差別語。文例は、芸能界をひとことで否定的に描くため、差別語の「特殊部落」を隠喩的(負のメタファー)に使って表現した、極めて悪質な差別表現。

(2)差別語を使用していない差別表現

「芸能界は被差別部落だ」

・上の例文(1)を『特殊部落』という差別語を使ったために問題にされたととらえてしまうと、特殊部落を差別語ではない被差別部落と、マニュアル的に言い換えればよいように思われがち。しかし、(1)と(2)の表現の差別性になんら違いはない。同様に、「キチガイに刃物」→「統合失調症に刃物」「あいつはめくらと同じだ」→「あいつは何も見えていない視覚障害者と同じだ」と言い換えても、障害者に対する差別表現であることに変わりはない。

(3)差別語を使用しているが差別表現ではない表現

「わしら部落の人間は<エッタ>といわれて差別されてきた…。」(部落の古老の語り)

・要は、その言葉が使われる必然性及び、社会的意義が、文脈なり作品にあるかどうか。

(4)差別表現ではないが差別語の使用の仕方が誤っている表現

「特殊部落の子どもと他の子どもとの間にある差別感をどう取り除くか」

・文脈は差別表現ではないが、ここで差別語の「特殊部落」を使う合理的理由はない。「同和地区出身」あるいは「被差別部落出身」と表記すべき。

【2】高須氏に差別する意図はないのだから問題にすべきでないという意見

版元・小学館を批判する多くの意見にみられる誤解と偏見の二つめ。
本書では、「昔は……」以下は、ひいおじいさんの話をおばあさんから聞かされていた高須氏が、伝聞形式で書いている。そして、その話に、「サイバラは『なんてひどいことするんだ。ものすごい差別じゃん!』って怒るんだけど。」と書き加えている。
高知県生まれで、たぶん部落差別を身近に見知っている西原さんの直感的な批判は、その通りだが、問うべきは、“ひいおじいさん”であり、それを差別とも思わず高須氏に語り聞かせる“おばあさん”であり、語られた時代の社会的差別意識である。

高須氏が、この「昔は……」以下のエピソードについてどう思っているのかであるが、直接的には何も語っていない。
ただ、サイバラさんの言葉に仮託して、自分の考えに問題があることを、間接的には表明している。
しかし、差別表現か否かにおいて重要なことは、話者・執筆者の主観的意図とは関係なく、その文脈が、社会的にどう受けとられ、どう評価されるかである。つまり、高須氏に差別的意図がないから云々の問題ではない。
拙著『差別語・不快語』で、私はつぎのようにのべている。

〈一般に、差別表現か否かを、話者の主観的な意図にもとづいて、つまり悪意をもって発言したかどうかに基準をおく傾向がありますが、重要なことは、表現主体(話者)の差別的意図の有無の問題ではなく、表現内容の差別性についての客観的評価(社会的文脈)で判断すべき問題ということです。〉

○何が差別かを誰が決めるのか

では、何が差別かを、だれが決めるのか。同書で、私はつぎのように述べている。

〈何が差別か、差別表現かを、だれが何を基準に判断するのでしょうか。 “足を踏まれた痛み”を知る被差別マイノリティが、差別だといえば差別表現になるのでしょうか。たしかに被差別マイノリティは、ほかのだれよりも差別について、鋭敏な感性をもつ当事者です。しかし、なにが差別・差別表現かは、すぐれて客観的なもので、時代とともに変化する社会意識(社会的価値観)のなかに判断基準があるといえるでしょう。つまり、被差別者の主観的告発は、社会的に受け入れられることによってはじめて、客観性(正当性)をもつわけです。なにが差別か、差別表現かは、被差別者の主観のなかにではなく、客観的な社会的文脈のなかに存在します。〉

さらに、ここで詳述はしないが、差別表現は、話され、書かれた内容が事実であるか否かとも直接関係しない。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。