ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、全デバイスのOSをTizenに変更することを検討か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung がスマートフォンを含む全ての自社製デバイスで使用するオペレーティングシステムを Tizen に変更することを検討していると、Korea Times が Samsung のとある上級高官からの情報として伝えました。報道によると、その幹部は、Google への高い依存から開放されることを目的に、将来的に使用する OS を同社が中心となって開発を進めている Tizen に切り替えることを検討しているというのです。Android はオープンソースなオペレーティングシステムだというものの、実質的には Google の規定を守られなければならず、縛りは強いと言えます。Samsung の幹部は、「もし自前のエコシステムが無ければ将来はない、Tizen はモバイルデバイスだけを対象にしてはいない」と汎用性の面では Android よりも優位であることをアピールしました。Samsung は年間で 2 ~ 3 億台のスマートフォンを出荷しており、現在はそのほぼ全てに Android を使用しているので、OS を切り換えるのはそう簡単にはいかないはず。もし Samsung が全てのデバイスを Tizen に乗り換えると、Android の高いシェアは維持できなくなるので、Google にとっても由々しき問題です。推測ですが、Samsung はこれを Google に対する何らかの取り引き材料にするために、このような計画を立てていることも考えられます。Source : Korea Times

■関連記事
Galaxy Note 7は8月2日に発表か? Galaxy Unpacked 2016の告知画像が流出
防水非対応のXperia Xの水没テスト動画
Moto Modsの米国価格が判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP