ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【裏ワザ】ゼブラのサラサクリップボールペンは全色組み替えられるらしい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

37色のボールペン。
文具メーカー、ゼブラから発売されているサラサクリップです。

記者は、コンビニや文具店でみかける黒と赤と紺色とベーシックカラー以外は手に取ったことはなかったのですが、実は37色とカラーバリエーションが豊富。レインボー以上にきれいな色味のペンが揃っています。

37色を全部分解して組み替えらるそう コンビネーションは50,653通り!


かしらかしらご存知かしら? これ、全部分解して組み替えられるのをご存知かしら?

記者は、買ってインクがなくなると、ポイと捨てていたボールペンですが、ペンを解体して色替えすると可愛いカラーや面白い組み合わせができることが判明。


どのくらいの数を組み合わせできるのか、ひとまず計算してみましょう。

37色の芯、37色の首軸、37色の胴軸から作れるペンの数は、
37×37×37 = 50,653 通り……!?

多いっ!

実際に組み替えてみた

まずは、メーカー、ゼブラの広報さんの裏ワザ組み換えテクニックをきいてみることに。ゼブラ広報、鈴木さんが考案した組み合わせは?

「例えば 通常色とミルクカラー同系色の組み合わせで、ちょっと違う可愛さを演出したり、

他にも、セクシー系、姫系、お姉さま系……

国旗シリーズで、ブラジル、フランス、日本、イタリアなど発想次第でご自身だけの組み合わせを考えられますよ。

組み合わせると、中身のインクが何が入っているかわかりにくくなってしまいますが、自分だけのオリジナル組み合わせということで、覚えて使ってください。」と、ゼブラ広報、鈴木さん。

ガジェット通信スタッフも考えてみた!

文具のコーディネイトってなんだか楽しそう。
記者も、組み替えを考え、さらに愛用文具なので命名してみることに。


■白×青×赤 「『サラサクリップ』ガンダムカラーのペン」
トリコロールカラー! 夏のマリンコーデ風のペンが完成。爽やか~ですね。
“『サラサクリップ』ガンダムカラーのペン”と命名しましょう。ニュータイプです。


■ピンク×赤×ピンク「『サラサクリップ』世界を革命するペン」
ピンク色のトーンを基調にボール芯は赤いインク。ピンク色の髪のアニメ主人公をイメージ。赤いインクは、使い勝手いいです。


■白×黒(のり)×赤(梅干し)「梅干しおにぎりペン」
梅干しおにぎりのサラサクリップ。お腹がすきますなぁ。

命名しておけば、何色のペンだったか覚えやすいので便利です。

いかがでしたか?

文具を分解して組み立てる新たな裏ワザ、試してみては? 
37色オトナ買いしてみようかなっと。

公式サイト

ゼブラ
http://www.zebra.co.jp/

※2016年6月20日 一部表記修正いたしました。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP