ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第二の『霊剣山』か? 中国×日本アニメ『一人之下 the outcast』7月スタート!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


中国×日本によるアニメブランド『HAOLINERS』は、『霊剣山 星屑たちの宴』に続く第二弾として『一人之下 the outcast』(ひとりのした じ あうときゃすと) の7月オンエアを発表しました。

『霊剣山』といえば「霊剣山で待ってるぜ!」の合言葉でお馴染みの、なんとも大陸風なテイストのアニメとして話題をさらった怪作。
『一人之下 the outcast』も第二の『霊剣山』になるのか?以下、リリースされた情報を見ていきましょう。

あらすじ

主人公・張楚嵐(ちょうそらん)は、ごくありふれた大学生。ある小さな村で起こった恐ろしい事件に巻き込まれるまでは。
墓場で突然ゾンビに襲われる楚嵐。その絶体絶命の危機を救う謎の女。事件に関わっていく中で、主人公の運命は大きく揺れ動いていく。

ゾンビもので謎の少女との出会い。味付け前の素材としてはいい感じだと思います。
主人公の隠された超能力の覚醒など、誰もが納得の展開が期待できそうです。

キャスト

張楚嵐(チョウソラン)/田丸篤志
張楚嵐(幼少期)/飯田友子
徐宝宝(ジョホウホウ)/早見沙織
徐三(ジョサン)/野島健児
徐四(ジョヨン)/立花慎之介
猿(サル)/山口勝平
柳妍妍(リュウケンケン)/朝井彩加
張錫林(チョウシャクリン)/宮澤正
張予徳(チョウヨトク)/山本兼平
夏禾(ナツカ)/日笠陽子
呂良(ロリョウ)/三宅麻理恵
風沙燕/原由実
張霊玉/鳥海 浩輔

主演は『たまこまーけっと』の大路もち蔵役などの田丸篤志さん、ヒロイン役は『魔法つかいプリキュア!』の花海ことは(キュアフェリーチェ)役などの早見沙織さん。
その他のキャラクターの声優さんもかなり人気の方々揃いで、ここは普通に期待できると思います!
山口勝平さんの演じる『猿』など、何のことなのかすごく気になります。

なお、野島健児さんは早くもツイッターで以下のつぶやきをされており、本作への意気込みがうかがえます。

 

作品情報

中国ネット配信アニメ供給の約80%を占めるアニメーションブランド『HAOLINERS(ハオライナーズ)』。
中国×日本制作によるHAOLINERS作品としては、『霊剣山』に続く2作目となる『一人之下 the outcast』が7月より放送スタート。
原作はアジア最大級のネット企業『テンセント』、企画は上海絵梦(えもん)、アニメ制作は日本となっております。

原作が中国ということで、ストーリーもだいぶ大陸風のものが期待できそうです。
なお、原作は中国のネット企業『テンセント』、制作は日本という布陣も『霊剣山』とまったく同じです。

『一人之下 the outcast』は第二の『霊剣山』になるのか?

記者の所感としては、原作が『霊剣山』と同じという一点において、だいぶ『霊剣山』テイストの作品になるのでは? と予測します。
一方キャストはかなり豪華なので、日本人諸氏にはちょっと「???」という感じの物語を豪華人気声優陣が演じるという、ある種の話題作として期待できそうです。

『一人之下 the outcast』は7月9日(土) 21:00よりTOKYO MX より全12話にてスタート。7月2日(土) 21:00には『放送直前スペシャル第0話』も放送されます。

アニメで異文化を楽しみたい方は「一人之下で待ってるぜ!」を合言葉に7月の放送開始を待ちましょう。

アニメ『一人之下 the outcast』
公式サイト:http://www. hitorinoshita.com
公式Twitter:@hitorinoshita / ハッシュタグ:#一人之下

※画像は権利者に帰属します。
(c)TENCENT

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: いしじまえいわ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP