ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デスクトップ版Linuxを利用できるAndroidベースのカスタムROM「Maru OS」のNexus 5用ROMが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年 2 月に紹介したデスクトップ版 Linux を利用できる Android ベースのカスタム ROM「Maru OS」。その第一弾 ROM が Nexus 5 向けにリリースされました。MaruOS は、Linux ディストリの一つ Debian GNU Linux と Android を一体化したもので、スマートフォンとモニタを HDMI ケーブルで接続すると、PC 画面に Debian の UI が表示されます。ROM 自体は Android 5.1.1 Lollipop をベースに作成されており、Nexus 5 上ではほぼ素の Android が動作します。そして HDMI ケーブルでスマートフォンとモニタを接続すると、Debian のデスクトップが表示されます。キーボードやマウスは Bluetooth 接続刷る必要がありまそうです。ROM の最新版は v0.2.3 で、下記のリンク先で ZIP ファイルとして配布されています。一般的なカスタム ROM と同じようにリカバリから導入すると利用できる模様です。Source : Maru OS

■関連記事
Fantastick、ボーダー柄とデニムを組み合わせた汎用手帳型ケース「Fantastick Free Size Case Marine」を発売
Android用niconicoアプリがv3.19.0にアップデート、アカウント共通の視聴履歴に対応
Mi Max、Moto G4、SHIELD portableのTWRPがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP