ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドローンを使ってピンポイントで種をまく植林ソリューション「DroneSeed」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

植林に活用されるドローン国連食糧農業機関(FAO)の「世界森林資源評価」によると、地球の陸地面積に占める森林の割合は2015年時点で30.6%と、1990年時点の31.6%から減少。

近年は、地球温暖化防止や環境保全などの観点から、植林が積極的にすすめられ、現在、森林面積の7%を占めるまでになった。

しかしながら、その多くは人の手で行われるため、時間や労力を要するのみならず、危険を伴うケースも少なくない。

・ドローンで効率的かつ効果的な植林を実現

DroneSeedのトップページ米オレゴン州ビーバートンで2015年に創設された「DroneSeed(ドローン・シード)」は、ドローンを活用した植林ソリューションだ。

植林前に、ドローンに装着された貯水槽とポンプを使って、水を撒き、センサー技術によってドローンから撮影した3Dマップをもとに、植林に適したスポットを分析。

この分析結果をもとに、上空から、肥料や害虫防除剤などを混ぜた種子カプセルを、地中3〜4インチ(7.5〜10センチ)に植えていく。

ちなみに、ドローンの1回あたりの飛行時間は、約30分。1.5時間で1エーカーの敷地をカバーできるという。

・林業に広がるドローンの波

ドローンを活用した植林ソリューションとしては、英オックスフォードで2014年に創設されたスタートアップ企業「BioCarbon Engineering」も知られている。

今後、林業の分野でも、ドローンの活躍の場が、ますます広がっていきそうだ。

DroneSeed

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。