ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版ストリートビューに「ぼかし」を入れる機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google マップにストリートビュー写真をアップロード・共有できる Android アプリ「ストリートビュー」が v2.0.0.12380819 にアップデートされ、画像中に「ぼかし」を入れられるようになりました。通常の写真に「ぼかし」を入れることは簡単なのですが、普段、ストリートビュー写真などの 360 度パノラマ写真は利用しないので「ぼかし」を入れる方法があまり知られていません。そんな中、ストリートビューアプリ本体に「ぼかし」機能が追加されたことで、車のナンバーや住所、個人の顔などのプライバシーに関わる情報を容易に伏せることができるようになりました。ストリートビューアプリで「ぼかし」を入れる方法は、360 度パノラマ写真をインポートした後のプレビュー画面で隠す対象を長タップします。すると、スクエア型の枠が表示されるので、その枠に「ぼかし」が入ります。削除する場合はスクエアの枠をタップして削除メニューで OK を選択します。「ストリートビュー」(Google Play)

■関連記事
OnePlus 3の新たな画像が出回る
Raspberry Pi 3上でAndroid TVが動作(デモ映像あり)
Moto G4のカメラアプリ「Motoカメラ」のAPKファイルがダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP