体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急インタビュー】小金井女子大生刺傷事件について優月心菜に聞く 「関係者もファンも危機感を持つべき」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年5月21日に東京都小金井市で起きた女子大生刺傷事件。被害にあった冨田真由さんがアイドル活動をしていたと報じられたこともあって、さまざまな方面に激震が走る中、歌手・声優として活動している優月心菜さんが事件について『Twitter』で「アイドルは、あなただけのものじゃないし、あなただけに接しているわけでもありません」と持論を展開。大きな注目を集めました。

※参考 男性ファンが女性アイドルの体部20箇所を刺した事件をうけてとあるアイドルのツイートが感慨深いと話題に(Togetterまとめ)
http://togetter.com/li/978090 [リンク]

もともと優月さんは地下アイドルが「出会いドル」になっているとして「色恋営業」に異を唱えており、漫画アプリ『comico PLUS』で連載中の『アイドルになりたいっ!』で原作者としてその実態を明かすなど、以前よりアイドルとファンとのあり方に警鐘を鳴らしていました。
ここでは、そんな優月さんに緊急インタビュー。ツイートの反響やSNSの危険性、表現活動をする上で考えるべきことまでお聞きしました。

「ファンとの距離が近くなりすぎると、曲を聴いてくれなくなる」

ーー今回の小金井の事件に関連したツイートが、かなりRTもされたわけですが、これほど注目されると思っていましたか?

優月心菜さん(以下、優月):正直な話、こんなに広まるとは思っていませんでした。ですが、前から同じ事をずっと言い続けていたのに、今回のような事件がないと伝わらないというのが悲しいな、と思いました。

ーー優月さんは『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)で地下アイドルの多くが「出会いドル」になっている現状について発言してもいますし、連載している『アイドルになりたいっ!』でもアイドル活動していく上でのリスクについてテーマにしていらっしゃいます。それが伝わっていない、と。

優月:ツイートが「売名でしょ」と言われることもありますね。あと、自分も以前には(接触の対応が分からず)ファンを病ませてしまったこともあるし、ライブに行くお金を他人から借りれなくなった人が事件を起こしてしまったこともありました。だから、「お前もノルマを強要していたのにどの口がいうのか」といったリプライもありました。

ーーおそらく優月さんもいろいろな事件や試行錯誤や教訓があって、今の考え方に行き着いたのだと思います。アイドルが握手会やハグ会のようなファンとの接触が中心になって、一番の問題は何だと考えていらっしゃいますか?

優月:色恋営業によってファンと距離が近くなりすぎて、アイドルに恋をしたり友達感覚になってしまうこと。そうすると無料や値段の安いイベントには来てくれるのだけど、曲を聴いてくれなくなったりCDを買ってくれなくなったりしましたね。

ーー本来は活動する目的の歌が聴いてもらえないという本末転倒な状態になってしまう、と。

優月:そういった色恋営業をやっているアイドルが多いし、それをよしとしている風潮が、アイドルを接客業だと勘違いしているファンを育てていると思います。私のファンでも、そういう子たちが出ている対バンのライブで向こうにいってしまうこともありますし。でも、そういうことをやっているアイドルの意識を変えることが大事だと思っていて、「メジャーなアイドルに負けずに集客を頑張る」という競争心を煽ってファンを付けるという現状があるけど、色恋営業をしても一人では限界がある。人気のアイドルは事務所がついてプロモーションにお金も使って、作品を作っているということを気づくべきです。

ーー特に地下アイドルの場合、一人で活動をしているとファンとの交流が第一になってしまいがちになるのではないでしょうか。

優月:多くの勘違いしている女の子たちは、作品にお金をかけずに色恋営業をしているのですが、お金がないなら活動をやめるか、事務所に入るなり、協力をしてくれる人をつけるべきです。そうしないとどんどん間違った方向に進んでいくと思います。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。