ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ゴーストバスターズ』クリス・ヘムズワース“超絶おバカ”な愛されキャラ熱演!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


30年前、科学者たちがニューヨークの街をゴーストから救ったアクション超大作映画『ゴーストバスターズ』が再始動し8月19日(金)より公開となります。そんな新『ゴーストバスターズ』より、イケメンなのに超絶おバカな残念男子を演じたクリス・ヘムズワースの可愛すぎる動画が到着!

【新生『ゴーストバスターズ』とは?】
本作の舞台はニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは、世界で初めて心霊現象を科学的に証明する研究を重ねていた。しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られてクビに。その知識と技術力を活かすため、原子力エンジニアのジリアン・ホルツマン、地下鉄職員のパティ・トーランをを仲間に加え、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業する。

映画『ゴーストバスターズ』は全員女性が主人公ですが、ゴーストバスターズ社の受付にイケメン男子ケヴィンが登場。ケヴィンを演じるのは『マイティ・ソー』シリーズの主人公ソー役や、5月28日より公開の『スノーホワイト/氷の王国』でのエリック役など、強い男のイメージが強いクリス・ヘムズワース。本作では、今まで見せた事の無いおバカキャラに徹しています。

今回解禁となった映像では、冒頭からクリス・ヘムズワースが「ケヴィンは頭が悪い」ときっぱり断言。クリス・ヘムズワースはほとんどアドリブでケヴィンを演じているとの事で、ポール・フェイグ監督は「クリスにはコメディの才能がある」とその才能に惚れ込んだ様子。

本作でゴーストバスターズを演じる女性4人は全員アメリカで大人気のコメディアンたちだが、そんな彼女らも「クリスのアドリブに涙を流して笑ったわ」と大爆笑させるほど、クリスは今まで隠してきたコメディの才能を惜しみなく発揮しています。

イケメンでマッチョなのに超バカでしかもその事にあまり気付いていない、という愛すべき要素しか持っていない男・ケヴィン。幽霊退治に彼がどう絡んでくるのか、今から楽しみ!

【動画】『ゴーストバスターズ』クリス・ヘムズワースの“超絶おバカ”キャラ
https://www.youtube.com/watch?v=31AdWdgiKDI

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP