ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クレジットカード20枚を1つに集約できる「Spendwallet」はスマホとも連携!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Apple Payに代表されるように、最近はスマホに決済機能を持たせるタイプが増えてきている。

常に持ち歩くスマホで支払いができるのは確かに便利だが、問題は先行する米国ですら対応レジがさほど浸透していないこと。

そこで登場したのが、通常のクレジットカードのように使えるスマートカード「Spendwallet」だ。カード20枚を集約でき、しかもクレジットカード対応のレジならどこでも使える。

・名刺入れサイズ

Spendwalletは7.6×12センチと名刺入れほどの大きさ。厚さ5.8ミリ、重さ65グラムと持ち歩くのに邪魔にならないサイズだ。

コンパクトながら、クレジットカードやデビットカード、ギフトカードなど20枚分を集約できるというのが売り。

・スマホとシンク

使うには、まず専用アプリをスマホにダウンロードする。スマホのイヤホンジャックに専用リーダーをさし、カード情報を読み取る。

その上で、スマホとSpendwalletをBluetoothでシンクさせれば、Spendwalletが使えるようになる。

・支払いはかざすだけ

実際に支払うには、通常のクレジットカードをスワイプするリーダー部分にかざすだけでいい。

もちろん、どのカードを支払いに使うかはその都度選べるようになっていて、使用時にだけ現れるLEDディスプレーに「VISA」などと表示される。

・置き忘れ防止機能も

カードの取り扱いで重要なのがセキュリティーだが、情報は全て暗号化されている。

また、スマホとSpendwalletが20メートルほど離れるとスマホにアラートが送られるので置き忘れを防げる。万が一、盗難に遭うなどして紛失した場合、データ自動削除の機能もある。

カード類が財布にたくさん入っているという人や、支払いをよりスマートにしたいという人に便利そうなSpendwallet、今ならクラウドファンディングサイトIndiegogoで99ドル(約1万1000円)の出資で入手できる。

出資期限は6月15日、発送は今年10月を予定している。

Spendwallet/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。