体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社内にトム・クルーズっぽいやつが来たのでスパイなのか試してみた

TOM_SP

昼下がりのガジェット通信編集部。その日は社内に人が少なかった。また、記者・横山緑(以下、緑)は気を抜いていたせいもあり、“その男”に気が付くのに時間を要した、と後に述懐する。

(この記事は、緑の証言に基づいた再現となることをあらかじめおことわりしておこう)

緑が気づいた時には、既に社内の冷蔵庫付近で不審な人影がうごめいていた。

TOM

それは影のようにそびえる身長2m近い黒人SPが二人、そして、“あの映画俳優”そのものというべき男だった。緑は警戒心を抱えながらも大胆に歩みを進め、全体重を掛けてドついた。

「何やってるんだ!」緑の声とハリセンの音が社内に響く。硬直するSP。動かない。

TOM_midori01

振り向いたその男はトム・クルーズ、その人であった。我々がスクリーンで見るよりもどこかに若干の違和感があるものの、トム・クルーズだった。ハリウッドスターがガジェ通の冷蔵庫を物色していた、というひとつの事実がここにあった。

ハリウッドスター、トムクルーズは、やはり日本語が苦手らしく、身振り手振りで緑にコミュニケーションを求めてきた。すらすらと相手の言いたいことを解読する緑によると、彼は「極秘資料を探している」という。ガジェット通信の編集部の冷蔵庫で、だ。

続けて「10月6日は」と言うトム。彼が言うところによると、その日、10月6日は「トムの日」らしい。10月6日だから、トムの日、と。日本語の語呂あわせをするトム・クルーズを前に、緑は耳を疑った。

そんな一言も言葉を発しないトムから聞き出した“極秘資料”は、果たして冷蔵庫の中に存在していた。緑がうやうやしく極秘資料ことパネルを取り出すと、そこには、彼がトム・クルーズたる証拠とも言える文言が記されていた。

TOM_MIDORI_Scrt

「コカ・コーラ ゼロ」×「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」キャンペーン

――そう、人気スパイ映画“ミッション:インポッシブル”シリーズの最新作である『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が『コカ・コーラ ゼロ』と手を組んだ、というのだ。

“ミッション:インポッシブル”と言えば、トム・クルーズ扮する主人公イーサン・ハントが“不可能”に向かって挑戦する人気スパイ映画だ。

「やはり、ここにいるトムはスパイなのか!」緑の疑問は、強い確信へと形を変えた(と後に彼は述べる)。

具体的にはこのキャンペーンで“複数のミッションが我々に課せられる”という。これは挑戦だ。その「驚くべき内容」については、後述するが、この内容を知ったとき、当時の緑は言葉を失っていた。まるで、言うべきセリフが飛んだ役者のようであった。

そんな緑の脳裏にあったのは、一つ。

「この男、本当にスパイならば、危険回避能力はこちらの想像以上に違いない」

プロを相手に試してみたい、という危険極まりない欲求を、もはや抑えることができなかった。

「おい、お前、本当にスパイなのか?スパイだったらあれだろ。毒とか、そういうのは避けることはできるんだろうな」

挑発的な緑の態度に、トムはものすごい表情をもって返事とした。強烈なドヤ顔だ。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。