ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Note 6にSペンを利用したエッジスクリーン機能を搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung がスタイラスペンなどの先細の入力デバイスを使って Galaxy Note edge といった端末のエッジスクリーンに直接書き込みを行える機能の特許を韓国で出願し、このほど特許公開が行われました。イラストでは、エッジスクリーンの細い領域に S ペンを使ってタッチできることを示しており、今後の Galaxy Note スマートフォンに導入してくるのではないかと予想されています。ちょうど Galaxy Note の次期モデルとなる Galaxy Note 6 シリーズには通常のフラットパネルモデルのほか、エッジスクリーンモデルも発売されると伝えられているので、Galaxy Note 6 のエッジスクリーンモデルの目玉機能としてリリースされる可能性があります。Source : Kipris

■関連記事
ヴァル研究所とNTTドコモ、docomo Wi-Fiを活用した位置連動型のスマートフォン向け広告配信システムを開発
オウルテック、スマートフォンの充電性能を高めるブースト機能を搭載したUSBチェッカーを発表
国内レースイベントのライブタイミングアプリ「レースライブ」のAndroid版が配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP