ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サムスンがアップルとの訴訟合戦で4連敗! 韓国内からは「これ以上の負けは致命的」との声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

韓国サムスンと米アップルが世界各地で繰り広げている特許合戦で、サムスンが次々と敗北している。オランダのハーグ地方裁判所は14日(現地時間)、サムスンが自社の特許を侵害したとして、アップル製品の販売差し止めを求めた仮処分申請を棄却した。

サムスンの敗北は、ドイツ、オランダ、オーストラリアに続く4度目で、サムスンが起こした特許訴訟では今回が始めて。サムスンは相変わらず強気な姿勢を崩していないが、韓国国内では「これ以上の敗訴は致命的」などと不安視する声が広がっている。

サムスンは9月25日、同裁判所にアップルが通信特許を侵害しているとして『iPhone4』『iPad2』に対する販売差し止めを求める仮処分を申請していた。判事長は、「アップルが使用しているサムスンの技術は“必須特許技術”であり、誰でもこれを利用することができる。今後は公正で合理的な特許使用料を支払えば良い」とした。この判決は、通信特許訴訟で勝利を確信していたサムスンにとって、衝撃的な内容だったという。

韓国メディア「ソウル経済」は今回の判決について、次のように報じている。「サムスンは通信特許訴訟に自信を持っていたが、オランダの裁判所は事実上これを認めなかった。サムスンが反撃カードを準備している『iPhone4S』販売禁止戦略も大きく狂うことになるだろう」

また、ほかのメディアもサムスンの相次ぐ敗北を受けて、「サムスンの通信特許攻勢に赤信号が灯った」「特許戦での負けは売上減少だけでなく企業イメージにも深刻な打撃を与える」「これ以上の敗訴は致命的」などと報じている。

サムスンの関係者は、「まだ本案訴訟が残っているため、結果を判断するに至って居ない」とし、今後も『iPhone4S』の販売差し止めを求める仮処分申請を拡大するなど積極的に対応するとしている。相変わらず強気なサムスンだが、韓国国内の見方は暗い。

サムスンが休戦宣言?「ジョブズの葬儀中(だけ)は訴訟合戦しません」

※画像:ソウル新聞より引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP