ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia X / X Performanceにおける内蔵ストレージの実効容量がXperia Z5世代から1.3GBも減った

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia X / X Performance における実際に使用できる内蔵ストレージの容量が Xperia Z5 世代から減ったことが明らかにになりました。Xperia X / X Performance の内蔵ストレージ容量は仕様上は 32GB / 64GB ですが、実際には OS 領域やプリインストールアプリ・メディアによって少ないのは周知のことです。Sony Mobile 自身もスペックシートやホワイトペーパーなどでこの実効容量を表示しています。実効容量が仕様よりも少ないのは当然のことなので、問題ではありません。問題は Xperia Z5 世代から減ったことです。Xperia Z5 Premium 32GB の場合、実効容量は 21.3GB なのですが、Xperia X / X Performance 32GB では「20GB」と表示されています。つまり、1.3GB 前後も使える容量が減ったことになります。ちなみに、Xperia X / X Performance 64GB(デュアル SIM)の場合、実効容量は「49GB」と表示されています。Source : Sony

■関連記事
Galaxy Note 6(SM-N930F)のファームウェア情報が漏れ出す
HTCの2016年フラッグシップ「HTC 10」開封の儀&ファーストインプレッション
Xperia Xの設定メニューがCyanogenMod 13に移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP