体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新宿駅徒歩5分 最新鋭ライブハウス『Zirco Tokyo』がグランドオープン!

DSC07236.ARW

2016年5月15日、新宿駅東口から徒歩5分、新宿区役所向かいに最新鋭ライブハウス
『Zirco Tokyo』(ジルコ トウキョウ)がグランドオープンします。

系列店の吉祥寺SEATAでDJをしていたため、レセプションパーティーにお誘いいただき、オープン前の5月14日にお邪魔してきました。

ライブやDJのイベントを予定している皆様、必見です。

IMG_0866

新宿Zirco Tokyoはイチオシのライブハウス!

とにかく音がイイ

メインフロアではライブセットとDJブースが設営されており、どちらも視聴してきました。

JBL製のスピーカーが左右に数台、それぞれ扇状に配置してあるレイアウトによりフロアのどの位置でも良好な視聴を行うことが可能です。音圧のある音源でも綺麗な出音が楽しめました。

特に低音がかなり出ていたのですが、驚いたことに一切ビビリ音が発生していませんでした。音量を大きくすると周囲の床や壁をビビらせてしまう反射音がほぼ皆無でした。

この点に関しては、運営会社である株式会社ベースオントップさんの9番目のライブハウスであることによる、これまでのノウハウが蓄積された結果によるものと思いました。

tentyo

店長の浜崎さんに確認したところ、「床などに音がビビらないための工夫がしてある」と教えていただきました。大きい音を忠実に出力したいバンド/DJには最高の出音環境となります。

設備がすごい

2016年オープンだけあって、店内は最新鋭の設備が揃っています。

店内はエントランス-メインフロア-ラウンジに分かれており、ラウンジに行くためにはメインフロアを横切る仕組みになっています。メインフロアの通路側は1段高くなっており、仕切りのバーが設置されていました。(ライブのコールでは2階席と言われていました)

floormap

ラウンジは向かって奧側にあたる部分がすべてカウンターになっています。大規模イベントでの大量のドリンクオーダーにも耐える形状かつ、メインフロアから直線状にあるため導線が作りやすいレイアウトになっていました。

DSC06796.ARW

喫煙者にとっては気になる喫煙場所ですが、エントランスには密室の喫煙所があり、それ以外の場所は完全禁煙となっています。喫煙者も数時間我慢する必要がなく、吸わない人、吸う人どちらにとっても快適な環境となっています。

IMG_0860

化粧室ですが、シャワートイレ完備かつスペースが広めになっていて快適でした。コスプレイヤーなどかさばる衣装の場合でも比較的快適に使用することができそうです。場所はエントランスの喫煙室近くになります。

大きな荷物はロッカーに一時保管することが可能です。こちらも喫煙室の近くにあります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。