ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケメンキツネが「オレのこと好きだろ?」予想外の展開に“キュン死”女子が急増中[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現在大ヒット上映中の『ズートピア』。リピーターも非常に多く、何を隠そう筆者も3回劇場に足を運んでおります!

本作は、ヒロインジュディの諦めずに夢を追い続ける姿への共感や隅々まで見逃せない世界観、様々な種類の動物たちが表現する社会問題の提議に加え、「ズートピアの謎を追う!」というハラハラドキドキのサスペンス要素を含んだりと、観る人によって楽しみ方が様々な作品。

そんな中、映画を観た女性が口をそろえて鑑賞後に発する言葉が……。それは「ニックかっこいい」「イケメン!」というキツネの詐欺師ニックに関する熱いコメント。公開初日からSNSではニックに関するコメントは増幅し続けており、未だおさまることを知りません。


詐欺師のキツネ、ニックは現実を知る皮肉屋だが、陽気な魅力があってどこか憎めないキャラ。過去のある出来事によって傷ついているのだが、その繊細な心は誰にも見せません。ひょんなことからジュディと共にズートピアの謎を追うことになるのだが、正反対の2人は反発しあい、まさに凸凹コンビ。そんな2人も困難を乗り越え、互いに信頼し合い、心を通わせていく……。

ツンデレニックのイケメンぶりの熱狂はもちろんのこと、徐々に距離感が縮んでいくジュディとニックの友達以上恋人未満の関係に萌える人が大量発生。ニックがジュディに「俺のこと好きだろう?」と観客を惑わす思わせぶりな発言もあって、鑑賞後にこの二人の今後を妄想する人も多く、早くも続編希望の声も。その他、擬人化したラブラブな2人のイラストをはじめ、ストーリーを考えて新たな物語を独自に作り出したりと、観客をここまで掻き立ててしまう魅力的な存在になっているのです。

そんな妄想女子たちを心理を探るため、映画公開前に行われたアンケートでは、自身をニックの相手に置き換えて妄想してもらうと、今流行りの「壁ドン」や「顎クイ」、「頭をポンポン」してほしいなど妄想はMAX。ついに「ニックは私の彼氏!」とまで宣言する人も登場し、もはやニックはキツネではなくモテ男の象徴にまでのぼりつめる勢いです。ぜひそのモテっぷりを劇場で確かめて。ズートピアはいいぞ!


【関連記事】Savanna Thavasa(サバンナタバサ)にThe Beagles(ザ・ビーグルズ)! 楽しい小ネタ満載の『ズートピア』
http://otajo.jp/59525

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP