体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像】地元熊本県上益城郡益城町の震災2週間後の姿

熊本地震_益城町-1_01

4月29日から5月3日までの5日間、地元の熊本県上益城郡益城町に帰省した。『平成28年熊本地震』の震源地だ。

実家の周辺は比較的被害の少ない地区であったため、倒壊している家は少なかったものの、屋根の瓦が落ち、壁にヒビが入り、青いビニールシートで覆われている家も多く、道路は液状化現象でへこんでマンホールが浮き上がっていた。外見は大きな被害を受けたように見えない家も、赤色の“危険”や、黄色の“要注意”の貼り紙がされており、大きな余震があれば倒壊のおそれもあるため安心はできない状況であった。実家も黄色の紙が貼られていた。

※すべての画像が表示されない場合は『ガジェット通信』にてご覧下さい。
http://getnews.jp/archives/1456326 [リンク]

熊本地震_益城町-4

到着した、4月29日には水道も復旧しており、翌日にはガスも復旧。スーパーマーケットやコンビニの流通なども一部再開し初めていたものの、町の被害は予想以上に大きく、多くの住居や施設、道路を地震は破壊していた。多くの町民が車中泊やテント、避難所生活を余儀なくされている。

テレビの報道ではなかなか伝わってこない益城町の姿を、地元の人間の視点でお伝えしたい。

宮園〜下町〜秋津川

益城町マップ_下町

住宅街の宮園からバス通りや町民グランドへ抜けるためによく使われている生活道路。益城町宮園や木山は盆地の裾野に位置するため、秋津川の方へなだらかな下り坂となっており住宅が密集している。(南へ下る道取りを撮影。)

熊本地震_益城町-6 熊本地震_益城町-7 熊本地震_益城町-8

道路の半分が谷側に崩れ落ち、マンホールがむき出しに。また二階建ての家が道路側に倒壊しており道を塞いでいた。

熊本地震_益城町-9

道路が50cmほどズレ落ちて地層が見えている。

熊本地震_益城町-10

鉄筋の建物も、二階部分から潰れている。

熊本地震_益城町-11

28号線をこえるとすぐに、道路をふさぐ形で家が倒壊していた。人が通れる隙間は90cmほどしか空いていない。

熊本地震_益城町-12
1 2 3 4 5 6 7次のページ
周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。