ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1分で普通の自転車が電動アシストに!装着簡単な前輪「GeoOrbital」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電動アシスト自転車だったら…なんて思いながら上り坂で頑張ってペダルをこいだことのある人は要チェックのアイテムが登場した。

普通の自転車を電動アシストに変えるという前輪「GeoOrbital」。装着には1分もかからず、1回の充電で最大80キロ走れるという。

・取り替えは工具いらず

GeoOrbitalは、タイヤ、バッテリー、モーターで構成される。普通の前輪を外し、代わりに取り付けるだけで自転車を電動アシスト化するというもの。

取り付けに工具は必要とせず、しかもわずか1分以内で装着作業は完了するという手軽さだ。

・最高速度32キロ

GeoOrbitalを取り付けると、500wのモーターが回転してこぐ力がアシストされる。最高速度は32キロ。乗る人の体重などにもよるが、1回の充電で48〜80キロ走行できる。

しかも、このGeoOrbital、普通の自転車と違ってタイヤが防パンク仕様となっていて、釘などが刺さっても大丈夫というのは嬉しい。

・スマホ充電も

もう1つ、おまけもある。それは、バッテリーにはUSB端子がさせるようになっていること。バッテリーがピンチになったスマホなどを充電することが可能だ。

まさに、自転車乗りには心強い存在のGeoOrbital、26インチと700cc(28/29インチ)が用意され、リムブレーキ採用タイプのほとんどで利用できる。

現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募っていて、今なら699ドル(約7万5000円)〜となっている。ただ、残念ながら最高速度32キロというのは、アシスト自転車として日本の公道で利用することはできない。

GeoOrbital/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP