ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「SkinTrack」は腕全体をタッチパネルに変えるスマートウォッチ向けのセンシング技術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在のスマートウォッチは本体のディスプレイをタッチすることで端末の操作を行いますが、Future Interfaces Group はそのタッチ領域を腕全体にまで拡張する、スマートウォッチ向けの新技術「SkinTrack」を開発しました。SkinTrack は、スマートウォッチに取り付けられた高周波数の交流信号を腕へと断続的に送信するリング状のエミッタと体内を伝搬する電流を感知する複数の電極を内蔵したリストバンドで構成されたウェアラブルデバイス用のタッチセンシングシステムです。タッチする位置に応じて変化する電極が感知した信号の位相差を基にタッチされた場所を特定する仕組みとなっています。デモ動画を見ると、ユーザーが腕や手の先をタッチまたはスワイプすると、そのジェスチャーがスマートウォッチへのタッチ入力として認識されています。腕のどの部分をタッチしても操作できるということです。これは革新的な技術ですね。Source : Future Interfaces Group

■関連記事
Moto G(4th Gen)は5.2インチディスプレイ、Moto G(4th GEn)Plusは5.5インチディスプレイを搭載か?
2016年Q1の世界スマートウォッチ出荷シェア、Appleのシェアが四半期ベースで過去最低に
近々Google Playミュージックで音声操作が可能になると伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP