ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週一で告白して振られる女の生態記がコミック化『原田ちあきの挙動不審日記』作者インタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『よいこのための悪口メーカー』として、TwitterやWEBを中心に活動の場を広げ、近年ではその独特の風合いのグッズや、LINEスタンプが10代20代の女性に大人気の原田ちあきさん。大森靖子コラボTシャツのデザインや、DIR EN GREYの京のソロプロジェクト、sukekiyoとのコラボTシャツのデザイン等、活躍の幅を広げています。
そんな原田ちあきさんの実体験をもとに赤裸々に、ユーモアたっぷりに描かれているエッセイ漫画『原田ちあきの挙動不審日記』がこの度、祥伝社より5月7日に発売。つぶやきGANMA!にて毎週木曜土曜に更新中の本作ですが、コミック化への感想や、漫画制作について、原田ちあきさんご本人に色々とお話を伺いました。

「この漫画を描くことで私が生きやすくなる」

――普段の活動ではイラストを描かれていますが、今回漫画を書くことになって、それが出版されるということについてどう思われていますか?

原田ちあき:恐怖しかないです、売れるんかなあ、あとおもしろいんかなあ、って。自分の中ではもうゲシュタルト崩壊しててもうよくわからなくなっています(笑)たくさんの人に見てはもらいたいものの、不愉快にはなってもらいたくない……それだけが恐怖(笑)

――登場するキャラクターのデザインがすごく独特ですが、これらはどうやって決めているのでしょうか?

原田ちあき:人間の書き分けができなくて、全部一緒の顔になってしまうので……やっぱり書き分けないと漫画って訳がわからなくなるじゃないですか? だからもう無理やり捻じ曲げちゃって…私にも何かもうよくわからないんですよね。ただ、今回帯を吉田戦車さんが書いてくださってるんですが、恐らく吉田戦車さんの影響は受けていると思います。火星人とか出てくるんですよ、そういうわけのわからない生き物が急にでてくるの、いいな、と思って(笑)。

――吉田戦車さんがお好きなんですね。

原田ちあき:生まれて初めて読んだ漫画が吉田戦車さんの漫画だったので! でも帯を書いていただいたことについては、まだ半分嘘かな? と思っています……お名前だけお借りして、編集さんが考えて書いてくれたのかなって。(編集注:ちゃんとご本人にいただいていますよ!)
一度だけ漫画家が集まるパーティ的なものでお会いしたんですが、自分の画集を渡すのでいっぱいいっぱいで。神様すぎて上手く話せなくて……ちょっとだけトイレに走って泣きました。最近感情の高ぶりが激しくてすぐ泣くんです(笑)。


――登場人物たちがみんな個性的ですが、モデルになるご友人たちは普段からこういう感じなんですか?

原田ちあき:こういう感じです。たぶん私が漫画にすることによって、面白みが減ってしまってるんじゃないかなっていうぐらい濃くて。でも面白い友達が多すぎて、一つのキャラクターに友達を5人ぐらいギュッとまとめたりはしてるんですけどね。


――WEB版の漫画では色使いがかなりカラフルで個性的だなと思うのですが、どうやって色を決めているとかありますか?

原田ちあき:とりあえず、目がチカチカするように、補色同士を近くに置いちゃったり…(笑)私はチカチカする色遣いが好きなので、自分で見てもチカチカするように色を置いてしまいます。

――それをコミック化するにあたりなにか気を付けた点はありますか?

原田ちあき:コミックでは2色刷り(青とピンク、オレンジと緑の2パターン)になってるんですが、その作業自体は出版社の方がやってくださいました。ただ一番最初にフルカラーにするか、2色刷りにするかちょっと話し合いましたね。でも最終的には「フルカラーだとやっぱり目がチカチカするので2色刷りにしましょう」ということで落ち着きました(笑)、コミックを見て気になった方はWEBでも見てもらったら2度美味しいです! ただフルカラーの方は見てもらった方から「見てたら不安な気持ちになる」ってよく言われます!!

――漫画のネタを思いつくときってどういったときですか?

原田ちあき:友達と遊んだあとですかね……毎回奇妙なことをしてくれるので。あ、漫画描こう、ってなります。あと最近猫が家に来たので猫にだいぶ助けられていますね。余裕で描ける週と、ヒイヒイ絞り出す週があって…辛い週はもう辞めたいって思ってます。

――今WEB版では丁度過去話を描かれていますね。

原田ちあき:元彼の話ですよね! この話はもう100回ぐらい人にしているのでもうネーム切るの楽々でした。そしたらこの間(元彼から)連絡が来て「読んでるよ、めっちゃ脇汗でたよ」って。フッ、カワイソウ、って思いましたけど(笑)。

――コミックでは描き下ろしもあるんですよね?

原田ちあき:めっちゃ頑張りました。後日談みたいなのとか、ちょこちょこ間に挟んだりするカットとか。

――コミック化に当たり掲載時と順番なども変わっていますよね、その中でご自分でもお気に入りの話などあったらお聞かせください。

原田ちあき:『好きな人に毎週告白をしている』っていう章があるんですけど、個人的に現在進行形なので面白いです(笑)、週一で告白してる期間めっちゃ長くて! 好きな人のお姉さんと仲がいいんですけど、この前「男は結構、無限にいるよ?」って励ましてもらいました!

――それは遠まわしに諦めたほうがいいと諭されているような……。

編集さん:諦めるときは今よりもっと面白い人を見つけてからにしてくださいね、連載のために。

原田ちあき:編集さんすぐにそうやって身を切らせようとしてくる!

――告白している相手の人もこの漫画は読んでいるんですか?

原田ちあき:読んでます、どういう気持ちで読んでるのかはわからないですけど! この前も公園に行ったんですよ、二人で。で、夜の公園で寝そべりながら「諦めぇ?」って言われました!! 「諦めぇ?って言われたー!」って思って3日ぐらい布団の中で泣いて、漫画読んで、友達にアニメ映画に連れて行ってもらったりして復活しました。懲りないです。

――漫画を描くに当たり、どういう人に読んでほしいな、とか意識はされましたか?

原田ちあき:そこは意識は特にしてないですね、あ、でも結構曖昧じゃないですか、イラストレーターみたいなのって。描いてる絵も描いてる絵だし、結構気がキツイとか性格悪いとか思われてて、まあ性格は悪いんですけど(笑)案外、喋れるよ、みたいなところとかをこの漫画で書いていて、これを描くことにより私が生きやすくなるぞ、と。元々描いている『よいこのための悪口メーカー』みたいなイラストのシリーズも、私が生きやすくなるように溜まった鬱憤だったり、女性の汚い気持ちみたいなのを描いていたんですけど、それを描くことによって別の部分が生き辛くなっちゃって。なのでこのお話を頂いたときは「よーし私が生きやすくなる☆」と思いました!

――昔描かれていらした4コマ漫画も拝見したのですが、かなりシュールな漫画でしたよね。

原田ちあき:そうですね、17歳から23歳ぐらいまでなんでか書き続けてた『尿素ちゃん』ってシリーズがあって。新聞切り貼りしたり、好き勝手作ってましたね。うわー懐かしい、何でしょうね、何かに悩んでたんですかね。でもシュールはもっと上手な人がいるなあと思って、今はこういう形になりました(笑)

――今はこういった4コマ漫画ですが、今後こういう漫画を描いてみたいなとかありますか?

原田ちあき:あー全然予定はないんですけど、もしも結婚して子供ができたら育児漫画を描いてみたいです。私エッセイ漫画好きなんですけど、特に妊婦さんのエッセイって面白くて。結構みんな冷静だな、とか。あと、この前仲のいい友達が出産したんですけど「二人目だからレポートしてあげるわ」って言って、丸一日ずっとLINEしてたんですよ、陣痛の間。ここってLINEしていいんだ!とか思って(笑)、そういうの漫画にしてみたいですね。

――では最後に読者の方にメッセージなどあればよろしくお願いします。

原田ちあき:やばい、何も面白いこと言えてないですよね、ひと笑いさせたかったのに(笑)あんまり読んでも何になる漫画でもないので、そうですね、ぼーっとしたい時にでも読んでもらえたら嬉しいです。結構WEBでみるのと紙で手に取ってみるのとでは感じ方も違うと思うので、そこも楽しんでもらえれば。あとは私のイラストだけ知っているって人でも、4コマ分イラストが詰まっていると思っていただければお得かなあと思います! 

――これからの更新も楽しみにしています。本日はありがとうございました!

原田ちあきさんの愉快でちょっとシュールなエッセイ漫画『原田ちあきの挙動不審日記』は5月7日祥伝社より発売。WEB版はつぶやきGANMA!にて毎週木曜土曜に更新中です。また画集やTシャツ、缶バッヂなどのグッズは全国のヴィレッジヴァンガード取り扱い店舗、通販でも購入可能。気になった方はどちらも要チェック!

【原田ちあきの挙動不審日記】
自身の一風変わった生い立ちから、「個性的」と一言でまとめるにはあまりにもエキセントリックな友人たち、一方通行の恋心、鬱屈した人生観、愛猫との日々……。
これは、そんな独自の視点を持つ原田ちあきの〈うっすい記憶をたよりに描く〉エッセイ漫画である!
キュウソネコカミ(Vo.&Gu.)ヤマサキセイヤ氏との「”挙動不審”対談」も収録。
5月7日発売。
『原田ちあきの挙動不審日記』特設サイトはこちら
販売サイト:http://www.s-book.net/plsql/slib_shop?isbn=9784396791025[リンク]

原田ちあきさんプロフィール

1990年9月1日生まれ 大阪在住 
イラストレーター、漫画家、美術家、キュレーターなど活動が多岐にわたる為、現在自らの職業を「よいこのための悪口メーカー」と称し活動している。

公式サイト:http://cchhiiaakkii8.wix.com/chiaki[リンク]
Twitter:@cchhiiaakkii[リンク]
つぶやきGANMA!連載『原田ちあきの挙動不審日記』:http://tsubu.ganma.jp/chiaki/[リンク]

【関連記事】原田ちあきインタビュー「死ぬのが恐いから絵を描く」
http://otajo.jp/50385 [リンク]

フヅキの記事一覧をみる ▶

記者:

少女漫画やお菓子が大好きオタクです。生放送のお手伝いとか。 https://twitter.com/hudukimiyu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP