体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週一で告白して振られる女の生態記がコミック化『原田ちあきの挙動不審日記』作者インタビュー

原田千秋の挙動不審日記

『よいこのための悪口メーカー』として、TwitterやWEBを中心に活動の場を広げ、近年ではその独特の風合いのグッズや、LINEスタンプが10代20代の女性に大人気の原田ちあきさん。大森靖子コラボTシャツのデザインや、DIR EN GREYの京のソロプロジェクト、sukekiyoとのコラボTシャツのデザイン等、活躍の幅を広げています。
そんな原田ちあきさんの実体験をもとに赤裸々に、ユーモアたっぷりに描かれているエッセイ漫画『原田ちあきの挙動不審日記』がこの度、祥伝社より5月7日に発売。つぶやきGANMA!にて毎週木曜土曜に更新中の本作ですが、コミック化への感想や、漫画制作について、原田ちあきさんご本人に色々とお話を伺いました。

「この漫画を描くことで私が生きやすくなる」

――普段の活動ではイラストを描かれていますが、今回漫画を書くことになって、それが出版されるということについてどう思われていますか?

原田ちあき:恐怖しかないです、売れるんかなあ、あとおもしろいんかなあ、って。自分の中ではもうゲシュタルト崩壊しててもうよくわからなくなっています(笑)たくさんの人に見てはもらいたいものの、不愉快にはなってもらいたくない……それだけが恐怖(笑)

――登場するキャラクターのデザインがすごく独特ですが、これらはどうやって決めているのでしょうか?

原田千秋の挙動不審日記1

原田ちあき:人間の書き分けができなくて、全部一緒の顔になってしまうので……やっぱり書き分けないと漫画って訳がわからなくなるじゃないですか? だからもう無理やり捻じ曲げちゃって…私にも何かもうよくわからないんですよね。ただ、今回帯を吉田戦車さんが書いてくださってるんですが、恐らく吉田戦車さんの影響は受けていると思います。火星人とか出てくるんですよ、そういうわけのわからない生き物が急にでてくるの、いいな、と思って(笑)。

――吉田戦車さんがお好きなんですね。

原田ちあき:生まれて初めて読んだ漫画が吉田戦車さんの漫画だったので! でも帯を書いていただいたことについては、まだ半分嘘かな? と思っています……お名前だけお借りして、編集さんが考えて書いてくれたのかなって。(編集注:ちゃんとご本人にいただいていますよ!)
一度だけ漫画家が集まるパーティ的なものでお会いしたんですが、自分の画集を渡すのでいっぱいいっぱいで。神様すぎて上手く話せなくて……ちょっとだけトイレに走って泣きました。最近感情の高ぶりが激しくてすぐ泣くんです(笑)。

原田千秋の挙動不審日記2

――登場人物たちがみんな個性的ですが、モデルになるご友人たちは普段からこういう感じなんですか?

原田ちあき:こういう感じです。たぶん私が漫画にすることによって、面白みが減ってしまってるんじゃないかなっていうぐらい濃くて。でも面白い友達が多すぎて、一つのキャラクターに友達を5人ぐらいギュッとまとめたりはしてるんですけどね。

原田千秋の挙動不審日記3

――WEB版の漫画では色使いがかなりカラフルで個性的だなと思うのですが、どうやって色を決めているとかありますか?

原田ちあき:とりあえず、目がチカチカするように、補色同士を近くに置いちゃったり…(笑)私はチカチカする色遣いが好きなので、自分で見てもチカチカするように色を置いてしまいます。

1 2 3次のページ
フヅキの記事一覧をみる

記者:

少女漫画やお菓子が大好きオタクです。生放送のお手伝いとか。 https://twitter.com/hudukimiyu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。