ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、『iPod』からカセットまで楽しめるミニコンポ『D-dock SC-PM48』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パナソニックは、多彩な音源が楽しめるミニコンポ『D-dock SC-PM48』を6月12日より発売します。『D-Dock』は、『iPod』、CD、ラジオ、カセットまで、多世代にわたる音楽メディアの再生に対応するミニコンポ。高音質な音を実現しながらも、シンプル&コンパクトなデザインです。

デジタルオーディオプレーヤーの普及により、デジタル音源と旧来の音楽メディアを同時に楽しめるオーディオ機器に人気が集まっています。今回発売される『D-dock SC-PM48』は、天面にiPodが接続できるドックを搭載、再生・充電・操作ができるのと同時に、CD、ラジオ、そしてカセットテープなどの旧メディア、USBメモリーに保存したMP3の音源にも対応。まさに、新旧の音楽ファンの幅広いニーズに応えるミニコンポになっています。

スピーカーは、6cmのツイーターと10cmのPPマイカウーハーの2Wayスピーカー構成で、クリアなボーカル再生を実現しました。圧縮録音時に失われた高域信号を再現する『リ.マスター』、ひずみを抑え迫力ある低音を実現する『D.BASS』など、高音質な音にもこだわりアリです。

販売価格はオープン。なお、発売に先立って、パナソニックグループのショッピングサイト『PanaSense』では、5月21日~6月3日13時までモニター販売を受け付けています。モニターを希望する人は、1万7900円~2万6900円の間で購入希望金額を決めて入札。購入希望金額の高い順にモニターを決定するそうです。モニターの購入金額は、モニター対象者の中で最も低い入札価格が適用されるとのこと。モニター募集人数は50名です(このニュースの元記事はこちら)。
 
『D-dock SC-PM48』主な仕様
実用最大出力:20W×20W 4Ω、1kHz、全高調波ひずみ率10%
入出力端子:USB端子、ステレオミニジャック(3.5mm)、iPod端子
スピーカー:2Way 2スピーカーシステム バスレフ型(ウーハー/10cmコーンタイプ、ツイーター/6cmコーンタイプ)
サイズ:W153×H226×D292mm(センターユニット)、W145×H226×D197mm(スピーカー)
重さ:2.8g(センターユニット)、1.9kg(スピーカー)

『Panasense』モニター販売サイト
http://club.panasonic.jp/mall/sense/open/monitor/SC-PM48/
 

■こんなオーディオ関連ニュースもあります
『CASSETTE to DIGITAL』 を試してみた【思い出は永遠に】
【日曜版】春のヘッドフォン祭2009に行ってきた
サンワサプライから、1万円を切る価格の高性能ワイヤレスヘッドホンが発売
TEACよりiPod/iPhone対応高音質スピーカーシステム『SR-2B』発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。