ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さぁ来た「レッドファイッ!」 話題の“赤いあいつ”『レッドマン』がGW中だけ公開エピソードを再解禁!見逃し21話の見どころも全レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あかいーあかいーあかいーあいつーレッドマーン♪

過去記事(※後述)でもお伝えした“赤いあいつ”ことレッドマンですが、ウィークデーの18時になると、確実にTwitterのタイムラインをにぎわせています。

ご存じない方のために説明すると『レッドマン』とは、1972年円谷プロダクション制作による巨大ヒーロー作品なのです。

2016年4月からはYoutubeで毎日リバイバル配信されているのですが、1話あたり約3分と手ごろな尺でいて、詰め込まれたエッセンスは非常に濃く、「怖いのにレッドマン見てしまう」「レッドマンで一日の疲れが癒やされる」「レッドマンを見ながら飲む酒は格別」「レッドマンがあるから月曜日が怖くない」など、中毒者の間で多くの話題を呼んでいます。

過去記事:ヒーローなのに『怖い』と評判の『レッドマン』動画がじわじわ浸透中
http://getnews.jp/archives/1444633

しかし、公開されているのは、第1話+最新の6話程度。つまり第2話以降のエピソードの中には見逃すと閲覧できなくなっているものもいくつかありました。既に観た人たちがTwitterで盛り上がっている様子はログとして残っているけど、肝心の映像を観ることができず、くやしい思いをした人も居るのではないでしょうか。あるいは「あの時の話、また観返したいな」と思うレッドマニアの方も居たかと思います。(ちなみに市販されているアーカイブは、LDボックスのみの模様)

そんな皆さんのためなのか、円谷プロダクション公式チャンネルでは、これまで公開済みの『レッドマン』をゴールデンウィーク中は再公開するそうです!レッドファイッ!
特別公開期間は、2016年4月29日18時から2016年5月9日(月)18時までとのこと。さらに、再配信期間中も、(月)~(金)18:00からは最新話を継続配信するそうです。これで、休み中の“レッドロスト”(レッドマン切れ)も怖くないですね!

円谷プロダクション:赤いあいつ『レッドマン』登場!(月)~(金)毎日配信中!【リバイバル配信】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLwDaeL3aOb-x8wxSdbJvG0zOPGYLGz0tD [リンク]


「レッドマンて、なんかネットでは聞いたことはあるけど、どんなところがスゴいの?」と思う方のために、レッドマンの魅力、そして公開済み作品21話の見どころをお伝えしたいと思います。
※ただし、以下は筆者の主観およびネットの声を要約したものです。観る方によってその評価は分かれますのでご了承くださいね

レッドマンの魅力とは

『レッドマン』とは一体どんな映像作品なのか、思いつく特徴を挙げていきます。こうしてまとめてみると、ホラーの要素が若干、強いですね。


・構成上、説明なく戦闘に入るので、レッドマンが怪獣を倒す理由は常に不明。
・レッドマンの登場方法が「気づくと立っている」など、ちょっと正義の味方ぽくないため演出がサスペンスホラーっぽい
・怪獣が討伐対象というよりは、無害の生物に感じる
・カメラアングルがドキュメンタリー風なので、共謀・共犯者の視点に感じる
・レッドマンには『スペシウム光線』のような光線技が無いので、基本攻撃はひたすら殴る・蹴るである。生々しい
・殴り方・蹴り方が時々ガチで“入っている”
・巴投げがやけに美しい。背負い投げの時はだいたい怪獣の口を持って投げる
・怪獣がしばしば突然死するように見える
・怪獣の見た目が、知っているのとちょっとバージョンが違う気がする
 (非番の催事用の怪獣が連れ出されている、など諸説あり)
・武器は、本当に鋭利な『レッドアロー』とナタのようなリアルさがある『レッドナイフ』

・BGMがおどろおどろしく怖い(ミラーマンの未使用音源を使っているらしい)。ちょっと勇ましい曲調の『レッドマン』主題歌のカラオケバージョンもあるが曲の尺が短いためか、戦闘は結局“怖いBGM”になる事が多い
・レッドマンは基本、空を飛ばないので、立ち去り方は基本的に徒歩。これが生々しさに拍車をかける
・倒した後にレッドマンが時々とるポーズに妙な“やりきった感”がある 
 \(^o^)
・見続けていると「レッドファイッ」が「お前を殺す」宣言に聞こえてくるのがこわい


観るほどに、味わい深くなる作品、それが『レッドマン』なのです。

これまでの公開済み作品 21話の見どころ

それでは、これまでに公開されている21作品の見どころを、主観で要約してみたいと思います。『レッドマン』はストーリーを追うのではなく“感じる”タイプの作品かとは思いますが、いわゆるネタバレが嫌な方は、ご覧になりませぬようよろしくお願いいたします。

第1話:ダークロン登場

・レッドマンが森を破壊しながら登場
・それを見かねたかのようにダークロン登場「僕の森を壊さないで」
・肉弾戦で(たぶん)ダークロン絶命。しかし、レッドマンはとどめのレッドアローを出して、助走(崖の上に移動している?)
・絶命し泥の塊のようになったダークロンの死体にレッドアローを追い討ちのごとく投擲(とうてき)、貴重な爆発
・崖の上に移動して決めポーズ \(^o^)

第2話:ブラックキング登場

・散歩をしているブラックキングの前にレッドマン登場
・最初、投げが決められないレッドマン、苦戦
・ブラックキングの背中がペラペラしてて心配
・華麗な横転からのレッドアローが、予想外の着地
・切られた後のブラックキング(被害者)視点

第3話:アーストロン登場

・散歩中のアーストロン、巨木を転がしての攻撃
・巨木攻撃がかわされ、戦意喪失するアーストロン
・アーストロン草むらでフルボッコ→形勢逆転「あ!オレ勝てるかも?」
・2秒後に撃沈、貴重な爆発
・死体を確認してからの立ち去り(サスペンス風味のフレームアウト)

第4話:アーストロン登場

・バランスを取りながら散歩中のアーストロン再登場(別個体?)
・「見つけた!」全力で走ってくるレッドマン
・先回りし前に立ちはだかるレッドマン
・引き(ロング)の視点で長回し
・突然具合が悪くなり、転がるレッドマン
・消えてからのガチで入るレッドキック、レッドチョップの威力で“仕留めた”感ラスト

第5話:ブラックキング登場 ★

・霧の中からブラックキング、いきなりの火薬!
・突進からしっぽ攻撃までの流れを甘んじて受けるレッドマン
・ブラックキングの背中がやっぱり心配
・ブラックキング突然の死
・死んだブラックキングにとどめのレッドフォール
・悠然と立ち去るレッドマン

第6話:ガラモン登場 ★

・ガラモン……亜種?
・マウント取ってからのフルボッコ
・目撃者視点の“草むらアングル”
・勝ち目がないと感じたか、ガラモン、能力駆使して全力逃走
・無慈悲なレッドアローがショッキングな直撃
・ガラモン視点からのレッドマンの立ち去り

第7話:イカルス星人登場

・楽しそうに竹やぶで遊ぶイカルス星人……亜種?
・仕留める気満々で竹やぶの向こうから見ているレッドマン
・投げられる側の視点を感じるカメラワーク
・竹を利用したレッドジャンプからの時代劇ばりの間合いでレッドナイフ
・イカルス星人最後の視界
・うなずき

第8話:ドラコ登場 ★★

・あまり多用したくない単語ですがこれは「神回」
・ものすごい引きの画から既に戦闘
・斜面での戦闘に苦戦する(本当に転ぶ)レッドマン
・両者、足場が悪いのか随所で苦戦
・仕留めた!と喜ぶドラコ(かわいい)
・レッドアロー発動も、力尽きるレッドマン
・ドラコのレッドアロー悪用にキレるレッドマン
・折れるレッドアローがまさに墓標
・立ち去りが時代劇ばりに渋すぎる

第9話:イカルス星人登場

・初の水辺
・いきなりのレッドナイフも奪われる
・「もう一本あるけどね」「え!?」
・結局お互い、武器を使わず殴り合いに
・しかし形勢不利のイカルス星人、落ちているレッドナイフを手に
・レッドキック一閃
・取り返したレッドナイフでとどめをさすかと思いきや

第10話:ガラモン登場 ★

・開始1分でのレッドナイフ
・レッドナイフに驚くも、うまくいなしてレッドナイフが池ポチャ→違う場所が謎爆発する威力
・激しくもみ合うも、レッド巴投げで突然死、レッドマン膝が折れる
・ガラモン死に顔からのレッドマン走って立ち去り

第11話:ドラコ登場

・逃げるドラコを追うレッドマン、まさかの見失い
・両者気配を消しての探り合いからまさかの再開
・背中馬乗りうまくいかず口投げ、上段へのナックルパート
・決まり手レッドアロー、巨大化前にちょっと飛ぶ
・刺し方も余韻もサスペンス、そして墓標ナメのレッドマン立ち去り

第12話:ペギラ登場

・レッドマン、第1話以来の巨大化っぽい登場
・ペギラ、温暖な場所のためかやや亜種っぽい
・ペギラの口をつかんでの連打
・2回目の口投げで相当弱っているペギラ、最後の反撃
・レッドナイフで火薬発動
・駆け寄って死亡確認するレッドマン→空見上げる

第13話:ジラース・バルタン星人登場 ★

・初の怪獣2体同時対決も同士討ちからスタート
・それを遠くから見ていたレッドマン「見つけた」
・レッドファイトかと思いきや、まさかのレッドアロー
・共闘ムードのジラースとバルタン
・ジラースに空気投げと口投げの両方を発動
・レッドマンのキックの衝撃でバルタンの首がもげそう
・謎の“タンポポ”カットイン(ネットではタンポポの花言葉などを参考にその真意が交錯する)
・バルタンの首がピンチ
・まさかの同士討ち突然死、即終了

第14話:ゴーロン星人・ペギラ登場

・ネットで「ゴーロン星人の髪がセブン、ウルトラファイトを経てさらに薄くなってる」と心配されるほどに
・ゴーロン星人については、首回りも不安
・同士討ちからスタート、1分過ぎにレッドマン走って登場「みつけた」
・レッドファイト無しで乱入、空気投げで2体飛ばす
・結構いい蹴りがゴーロンに、口をつかんでのパンチがペギラに入り終末へ
・レッドナイフ二刀流を構えるレッドマンをよけられない2体
・それぞれ倒れてからのレッドマンアップ(かっこいい)

第15話:ジラース登場 ★

・前転登場
・怪獣が出る前のレッドファイト宣言
・嬉しそうに走ってくるジラース(かわいい)
・勢いあまって落ちそうになるジラース(かわいい)
・止めるレッドマン(やさしい)、その後投げ飛ばす
・斜面でマウントしてからのフルボッコ
・ジラースの足だけバタバタしているカットに心を痛めるネット民続出
・レッドアローが6話ガラモンばりの無慈悲な直撃
・久々の決めポーズ \(^o^)

第16話:ジラース・バルタン星人登場

・のっけから共闘かと思いきや、レッドマンから逃げる2体からスタート。第13話の記憶を継いでいるのか
・容赦なく追いかけ、口をつかんでの殴打を行うレッドマン
・バルタンは身を持て余し気味
・ジラースうまくレッドマンを羽交い絞めするも吹き飛ばされ、その後もダメージ残るがバルタンに助けられる
・悪戦苦闘でまさかのバルタン逃走
・逃げるバルタン背景でジラース絶命
・うなずきからの立ち去り

第17話:ゴーロン星人登場

・毛量が気になるゴーロン星人ふたたび
・悠然と画面外からインしてくるレッドマンの登場がヒーローというよりは招かれざる刺客
・ゴーロン星人の首回りが心配
・レッドマンだいぶ泥まみれ
・ゴーロン星人、完全に心折れて逃走
・戦意喪失のゴーロンに、決まり手レッドフォール(肩車)
・死亡確認からのうなずき、レッドマンアップから悠然と立ち去り

第18話:ゴモラ登場

・廃タイヤだらけの舞台
・「レッドファイト!」で逃走しようとしたゴモラ先回りしてドヤ感のレッドマン
・斜面でバランスを崩すレッドマン
・1:14の打ち上げナックルパートが入り過ぎ
・廃材だらけの場所で取っ組み合っている様相が鬼気迫る
・高所に移動してからの位置エネルギー抜群のレッドチョップ
・それでは倒れないタフさを見せるも打ち上げる上段パンチで絶命。レッドマンの拳は硬い

第19話:カネゴン・ウー登場 ★★

・いずれも元人間の怪獣、ちなみにウーはここから3連戦
・画面いっぱい使ってレッドマンを翻弄する2体の怪獣
・レッドマンの背後にワープした直後の画は完成され過ぎ
・カネゴンに食べられそうになっているレッドマン
・カネゴンへの口投げにより、カネゴンがとんでもない様相になる。これがレッドマン史上ショッキングな1枚となり、ネットユーザー間で話題となる

・ウーの結構な一発が1:14
・無慈悲すぎるレッドアローが発動
・「ちょっとうなずき」からの決めポーズ \(^o^)

第20話:ウー・ゴモラ登場

・怒れるウー
・レッドマンの手が既に汚れている。どこかで始末して来た後なのか
・結構な攻撃がウーに浴びせられたところにゴモラ登場
・手を取り合って喜ぶ2体(かわいい)
・攻撃がマジで効いてるゴモラと前が見えづらそうなウー
・固定されたレッドマンにうまく攻撃できず、思わずハグしてしまうウー
・レッドキックでキッチリ2体同時に仕留められるが、結構ちゃんと当たってて生々しいと評判

第21話:ウー・ゴモラ登場

・まさかの前回と同一ペアリング
・引きからウーと格闘でレッドマン優勢
・相方のピンチを発見したゴモラが参戦「ゴモラがヒーローっぽい」の声
・効果音はこれまでレッドマンにしかなかったが、今回から怪獣側にも新効果音が追加される。しかし余りに軽い音。これが力の差か
・追い詰められよもやこれまでと思いきや、寝た体勢からのレッドアロー
・レッドアローをもう一度突き刺すのか、という余韻を残しながら終了

……いかがだったでしょうか。
レッドマンは全138話なので、あと110話ほどしか残っていません。この機会に、すべてのレッドファイトを一緒に追いかけてみませんんか? レッドファイッ!

円谷プロダクション:赤いあいつ『レッドマン』登場!(月)~(金)毎日配信中!【リバイバル配信】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLwDaeL3aOb-x8wxSdbJvG0zOPGYLGz0tD [リンク]

※画像はYoutube 円谷プロダクション公式チャンネルより引用

『レッドマン』 第1話 -ダークロン登場-

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP