体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画クロスレビュー】壮大すぎるスーパーヒーロー大戦! 新キャラの存在感もバッチリ『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

main

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

【ストーリー】
人類の平和を守るアベンジャーズは戦いは全世界へと広がるが、その人的・物的被害大きさから、アベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁じられる。一般市民を危機にさらしてしまったことへの自責の念から、アイアンマンはその指示に従うが、「自らの行動は自らの責任で持つべき」という持論のキャプテン・アメリカは反発。2人の意見はすれ違い、一色触発の緊張感が高まっていく。

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース:クリス・エバンス
アイアンマン/トニー・スターク:ロバート・ダウニー・Jr.
ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ:スカーレット・ヨハンソン
ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ/セバスチャン・スタン
ファルコン/サム・ウィルソン:アンソニー・マッキー

監督:アンソニールッソ、ジョー・ルッソ(『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』)

公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/civilwar.html

640

仲間割れで色々深刻なはずなのに、観ていてとにかく愉快痛快。これぞマーベル映画だ!!/106

鑑賞後、開口一番になにか言うとしたら「こりゃエラい事になっちゃったな・・・」。エンドクレジットで物語を頭から反芻してみてもとにかく怒涛の展開の連続、150分近い上映時間も一呼吸に過ぎ去ってしまったかの如く、まさに息をつく暇も無いほど全てのシーンが見所だった本作『シビル・ウォー』。『アベンジャーズ』に勝るとも劣らぬほど多種多様なキャラクター達の乱舞に加え、西へ東へ全く異なる場所へ各々奔走する「キャップ」と「社長」たち。観ていて飽きる事はおよそ不可能に近いです。さらにコレでもか!というほどつめ込まれた「マーベル」らしい小ネタの数々も合わせ、これぞマーベル映画の真髄だ!と思うこと間違いナシです。

勿論、ストーリーは従来の話を引き継ぎ、悪と戦うキャップ達が描かれているのですが、今回は「仲間割れ」というなんともシリアスな展開になってしまいます。キャプテン・アメリカ側にもアイアンマン側にもそれぞれの正義があり、それぞれの苦悩や葛藤もしっかり描かれています。しかし!それでもやはり語らうは拳!という事で両サイドの対決シーンは必見中の必見、タイトルにもある『シビル・ウォー』、アメリカが真っ二つに割れたあの戦争を標するだけあり、その全面衝突感は非常に見応えがあります。ここで重要になってくるのが、本作から参加する「ルーキー」達。超重要ポストをいきなり担うブラックパンサー、無事合流を果たしたスパイダーマンやバツイチヒーローのアントマンなどがオイシイ所をかっさらう場面は本当に痛快です。仲間割れなのに。そして意外だったのが、彼らルーキー達にもしっかり時間が使われていた事。伊達に上映時間が150分近いワケじゃありません。

悩んだり戦ったり勧誘したり、かなり皆さんお忙しい本作ですが、その分きっと貴方のお気に入りのシーンを見つけられるハズ。個人的にはキャップと前作でも登場したエージェント13の関係がなんとも・・おっとこれ以上は劇場で確かめて下さい!イイトコどりのある意味「超お得」な映画なので、あれ以降音沙汰無いけどアントマンもっと見たい!という方には是非お勧めです。

【プロフィール】106
洋画や洋ゲーが大好物。基本的になんでも好き。生放送要員もします。趣味はロケット打ち上げ観賞と海外旅行と登山。
ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

なんとあのマーティン・フリーマンも安定の芸風で初登場!/♪akira

今まで一緒に敵を倒してきた仲間、しかも正義の味方同士が戦うことになるというストーリーは、ファンとしては正直不安なところ。ですが、ヒーローものの映画やテレビを観て、「このキャラとこのキャラが戦ったらどっちが勝つかな?」と一度ならず考えたことはありませんか? 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、こんなに出しちゃって大丈夫?とびっくりするぐらい主役級のキャラクターが続々と登場。クライマックスでは、その彼らが二手に分かれて対決をするという、まさにスーパーヒーロー大戦ともいうべき壮大なバトルが堪能できます! 

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy