体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洋楽シーンの“今”がギュッ! 『DJ KAORI’S PARTY HITS』DJ KAORIさんにクラブの楽しみ方から推しガジェットまで聞いてきた

IMG_0526_f2

ジャスティン・ビーバー、アヴィーチー、ゼッド、カーリー・レイ・ジェプセン……最新の洋楽シーンはこれで分かる! DJ KAORIの洋楽ヒットミックスCD最新作『DJ KAORI’S PARTY HITS』がリリース中。DJ KAORIらしい爽快で“確実にアガる”ミックスは、GWから夏にかけてのおでかけやパーティシーンにピッタリ。洋楽ファンはもちろん、普段洋楽をあまり聴かないという方もオススメの一枚となっています。

今回ガジェット通信ではDJ KAORIさんにインタビューを敢行。『DJ KAORI’S PARTY HITS』についてから、クラブ初心者への「クラブを楽しむコツ」まで色々とお話を伺ってきました。

PARTY HITS

―『DJ KAORI’S PARTY HITS』聴かせていただいて、今聴きたい曲が全てつまっている一枚でした。選曲についてはいかがですか?

DJ KAORI:そうですね、これを聴いてもらえれば“今”が分かる一枚になっています。ジャスティン・ビーバーの2曲(「ソーリー」「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」)や、CMにも使われていたカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」等、一度は聴いた事あるという大ヒット曲ばかりなので、普段あまり洋楽を聴かない人も楽しめる選曲にもなっていると思います。もちろん、普段から聴く人は「この曲ね!」って楽しんでもらえると思うし。

―昨年リリースされた「DJ KAORI’S BEST POP HITS」に比べると、少し大人っぽさもあるというか、クールさも感じました。

DJ KAORI:大人っぽく、クールをテーマに選曲したわけでは無いのですが、そう感じていただいたという事は、世界の音楽トレンドがそういった曲に変化して来たのだと思います。例えばザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」は全米チャート1位で、グラミー賞も受賞していますが、R&Bで、彼の声も結構アンニュイですよね。そういったChill Out感のある楽曲が今なのかな、と。

―なるほど、そんな最新トレンドを感じながらも、デヴィット・ゲッタやマルーン5等「これぞアガる!」という曲がミックスされているのもたまりません。

DJ KAORI:やっぱりクラブでもCDで音楽を聴いていても、くるぞくるぞ……と思ってそのメロディがくると、テンションあがるじゃないですか。そういう楽しさを感じていただきたいですね。あとこのミックスを聴いてからクラブやフェスに行くと予習が出来てより楽しめるんじゃないかな、と思っています。

―クラブで初聴きの曲を楽しむのも良いですけど、知っている曲だとやっぱり盛り上がりますよね。クラブに行った事が無い、という人は結構多いのでは無いかなと思うのですが、クラブ初心者はどうやって、何を楽しめば良いですか?

DJ KAORI:「クラブ」というと、なんとなく恐い人が多そうとか、そういうイメージを持っている人もいると思うんですけど、“楽しみ”に行く所ですから、そんな悪い人はいないですよ! 大丈夫。どんな格好していけばいいか分からない、って悩みも自分の好きな服で良いし、もしちょっと恥ずかしい思いしたとしても、もう二度と会わない人もいるんだから「旅の恥は〜」じゃないけど気にしない気にしない。そして逆にめちゃくちゃ気の合う人と出会って友達も増えるかもしれない。やっぱり学校や会社だと毎日同じ様な人としか交流しないと思うけど、クラブに行けば学校や仕事も全然違う、「音楽が好き」っていう共通点だけがある人々に出会えるから。視野が広がるきっかけにもなると思いますよ、私もそうだったので。

―思い切って出かけてみる、という事がすでに素敵な思い出になりそうですものね。先日はKAORIさんプロデュースのファンランイベント「LightningDASH 2016」もありました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。