ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

椅子やスーツケースに変形する電子スクーター「eFOLDi」 軽量で折りたたみ可能で持ち運びにも便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このところ、Samsungとコラボ開発された電子スクーター「KO-X」、椅子付きの折り畳みキックボード「Wheela」、荷物を運べるキックボード「Classic」など、自転車でも車でもない“新時代の乗り物”が数々登場している。

・変形する電子スクーター登場!

今回紹介する「eFOLDi」もそんな1つで、電子スクーターから椅子、キャリーケースまで、さまざまな形状に変化する、“変形するスクーター”である。

使わないときは簡単に折りたためてコンパクトになり、軽くて丈夫なのも魅力。遊び感覚で使うこともできるが、通勤や通学に使ったり、足や体の不自由な人・高齢者などの移動手段にももってこいだ。

ロンドン発のスタートアップは、父と娘によるチーム。元々、中国の国立雑技団でエンジニアを務めていた父親が、足を悪くしたときに不便を感じた体験を元に開発されたという。

・軽量で丈夫、車や飛行機にも持ち込める

スクーター本体の大きさは、110×77×45センチメートル、アルミとスチールでできた軽量フレームのおかげで、総重量はわずか19キログラムという軽さだ。これはたいていの飛行機に荷物として持ち込めるほどの重さ。

・最大時速20km、走行距離は22km!

最大スピードは時速20キロメートル、最大走行距離は22キロメートル、最大積載重量は100キログラム。たいていの大人なら、十分1人乗れる。

用途やシーンに合わせて、スクータータイプ、椅子タイプ、スーツケースタイプに変形可能で、折りたためるので、ある程度コンパクトに収納しておける。

スクーターには、LEDインジケーター、ブレーキライト、フロント・リアライト、クラクション、バッテリーインジケーターが搭載されており、普段使いで乗るのに不便はなさそう。ただし、国によって道路交通の法律は異なるため、確認する必要があるとのことだ。

・2タイプのバッテリーを用意

eFOLDiは2タイプのバッテリーを用意。24ボルト、4 Ah(重さ1.1キログラム)タイプは、たいての飛行機に詰め込めるはず。テスト走行では、1度のフルチャージにかかる時間はおよそ1.5時間、平均走行距離は7キロメートル。

24ボルト、12 Ah(重さ2.7キログラム)のタイプは、フルチャージはおよそ4.5時間、平均走行距離は22キロメートル。

ただし、ライダーの体重や道路の勾配など、路面状況に左右される点は留意したい。

USBポートも搭載されているので、“巨大なバッテリー”として電子デバイスの充電をおこなってもよい。

・数々の受賞暦

イギリスで開催された「Gadget Show Live」、「2015 Beijing Invention Competition」などで受賞をしており、注目が集まるスクーター。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受付中。プレオーダー価格は、軽量ユニットタイプなら699ユーロ(約87000円)~。

eFOLDi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP