ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニコニコカーが全国に出撃!! 仙台・信州を巡り9日はお台場へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコニコカーが全国へ

9月25日、『ニコニコ動画』のユーザーによって「ニコニ公式キャラバン~東北五百万石を巡る秋の攻防~in仙台市民会館」というイベントが開催された。 このイベントは仙台を拠点に活躍する、あたりめPさんと、バンド”Jin-Machine”のイチロー閣下さんが幹事として執り行った企画型オフ会だ。 東北の復興をテーマに盛り込み、会場を巻き込んだゲームなどもあり集まった多くの参加者と共に楽しい時間を過ごした。 また10月2日には「ニコニ公式キャラバン~信州500万石秋葉攻防の祭 in 松本ALECX~」と銘打たれた企画が開催され、こちらは「踊ってみた」で有名なニコニコ動画ユーザー、今岡さんを幹事にし大いに盛り上がった。

このイベント開催に一役買ったのがタイトルにもある『ニコニコカー』だ。 『ニコニコカー』とは動画サイト『ニコニコ動画』によって生み出された最新鋭の中古車(ハイエース)で、全国津々浦々の『ニコニコ動画』ユーザーとの触れ合いを目的に運用される予定だ。 目に付くのは全面に施された『ニコニコ動画』らしいペイント(こちらもユーザーからの公募により決定された)だが、それ以外にも車内には様々なギミックが用意され遊び心満載だ。

触れたら危ない予感のする装置も……

仙台のイベントでは、東京から『ニコニコ動画』管理人のひろゆき氏、『ニコニコカー』管理人の齊藤P氏らスタッフが乗り込み、ユーザー生放送を行いながら仙台を目指した。 記者も同乗させてもらったが、全面に印刷されたペイントの効果は絶大で、行く先々の町中では注目の的となり、高速道路のパーキングエリアではたまたま通りがかった方々から写真を撮られるなどラッピングカーとしての効果も伺えた。

前述の通り『ニコニコカー』は広告としての意味もあるが、もう一つ大きな特徴として挙げられるのが充実した車内通信設備だ。 複数のモバイルルータが常備され、コンセントも用意された『ニコニコカー』は『ニコニコ生放送』をいつでもどこでも行うことの出来る”移動放送局”という側面も持っている。 例えば今回も行われた「道中での車載放送」や「現地のユーザーさんが同乗しての現地人案内による市内観光放送」なども可能だ。

仙台のイベントに話を戻すが、本イベントは地元企業にも甲冑の衣装協力を受けながら、ユーザー参加型のゲームなどが行われ、途中途中にはゴールデンボンバーさんや『ニコニコ動画』の人気歌い手”ぽこた”さん、更には『ニコニコ動画』で何故か人気のIKZO(吉幾三)さんからも応援(?)メッセージが送られるなど豪華な内容に。 またイベント終了後にはロビーでサイン会・撮影会も行われ参加者・ユーザーとの交流が行われた。

販売されていたゴーヤを購入した、あたりめPさん カメラに気付いて目線をくれたJIN-MACHINEの皆さん ゲスト出演した、みーちゃんさんもファンと交流を ファンのサインに応じる百花繚乱さん 物販を手伝うひろゆきさん

仙台のイベントは無事終了したが『ニコニコカー』はこれからも全国を回る予定だ。 例えば10月2日に行われた信州のイベントのほか、9日には「ニコニ公式キャラバン~痛Gふぇすた参戦inお台場~」が決定している。 これ以外にも日本中で『ニコニコ動画』ユーザーが行うイベントへ呼ばれれば参加し生放送を行う予定だ。 過去にも『ニコニコ動画』では全国ツアーを行ったことがあるが、どうしても各地域の大都市でのイベントが主となってしまう。 もちろんそういった場所にも向かうだろうが、今後は更に細かく、よりニッチな場所での交流にも期待できる。 ただしあくまで『ニコニコカー』の出動には「ユーザーの具体的な呼びかけ」が必要とのこと。 その内容はあまり問われていないようので、学園祭でも村祭りでも大声コンテストでも、もし何か機会があれば『ニコニコカー』の出動を要請してみよう。(リクエストは:nicocaravan@niwango.co.jp ニコニコカーの目撃情報は#nicocar)

ニコニ公式キャラバン新聞
http://www.nicovideo.jp/nicocaravan
ニコニ公式キャラバン~痛Gふぇすた参戦inお台場~
http://live.nicovideo.jp/gate/lv66253035

以下『ニコニコ動画』プレミアム会員であればタイムシフト視聴が可能です
ニコニ公式キャラバン~東北五百万石を巡る秋の攻防~in仙台市民会館
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63902708
ニコニ公式キャラバン~信州500万石秋葉攻防の祭 in 松本ALECX~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv64760115


ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。