体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリン『一番搾り』がまさかの全都道府県を網羅! 『47都道府県の一番搾り』研究会レポート

IMG_0172-s

キリンビールは5月10日に、全国47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる、特別な『一番搾り』を発売します。この『47都道府県の一番搾り』は、地元の風土や気質、食文化をビールに反映させ、地元の人々の協力によって作られる期間限定のビールなのだそうです。

そして今回はなんと! 秋葉原のガジェット通信オフィスでキリンビールさんの協力の下、スタッフ達が10種類の異なる『一番搾り』を飲み比べるという『47都道府県の一番搾り研究会 第1回』が開催されたので、その模様を大紹介いたします!

さらに今回の研究会は完成したばかりのガジェット通信フロアにて行われたので、普段はなかなか紹介する機会がない会場の様子も併せてお伝えいたします!

『47都道府県の一番搾り研究会』の概要

IMG_1804-s


それではまず、今回の『47都道府県の一番搾り研究会』の概要について説明しましょう。今回は47都道府県の中から厳選された10都府県の『一番搾り』を研究していきます。

会場にずらっと並ぶ試飲コップ。スタッフ全員が全10種類全ての『一番搾り』を飲み比べることができるという寸法です。ちなみに、研究会は平日昼間の14時から開始されました。

IMG_0058-s

ガジェット通信スタッフ、もとい“一番搾り研究生”の数は12人。今回我々研究生たちを指導してくれるのは『一番搾り』研究家のwosa主任研究員です。普段はウサギになったり白塗りスキンヘッドになったりと大忙しなwosa記者ですが、今回は至って真剣な様子。

IMG_0092-s


それもそのはず、この“研究会”ではかなり真面目に『一番搾り』を“研究”することを主眼としています。研究方法としては、事前に用意されたシートに各都府県の『一番搾り』の様々な情報を記入してく、というかなりアカデミックなスタイルです。評価項目は「味」「色」「味の強さ」「後味」「苦味」など多岐にわたり、いかにこの研究会が真面目なものかを物語っています。

IMG_0130-s


普段からレビューなどを通じてお酒、特にビールへの造詣が深い記者も多いガジェット通信編集部ですが、果たしてどのような研究結果が発表されるのでしょうか?

その前に少し、そもそも『47都道府県の一番搾り』とは何なのかをご紹介しましょう。

『47都道府県の一番搾り』とは?

IMG_1800-s

1 2 3 4 5次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。