ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お部屋でくつろげるセーラー服 ワンピース型ルームウェア『セラコレ』[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


中学・高校時代にブレザー型の制服や私服を着て過ごし、「一度でいいからセーラー服を着てみたい」と思っているアナタ、または「かわいいセーラー服を学生時代のように着てみたい」と思っているアナタに朗報です。セーラー服型の女性用ルームウェア『セラコレ』がBIBI LAB(R)(ビビラボ)より発売!

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/59735[リンク]


『セラコレ』は、一見セーラー服に見えるようなデザインながらも、ルームウェアとしての着心地を重視し、デザインや素材を吟味。


動きやすく肌触りのやさしいスウェット生地を採用し、伸縮性も抜群。そして、ワンピースタイプでお腹まわりの締め付けをなくしているのでラクチン。さらに、どうみてもセーラー服なのに洗濯機で丸洗いでき、部屋着として気兼ねなく着用できるよう考えられています。


デザインも「スケバン型」、「コギャル型」、「JK型」と、日本のセーラー服型制服の歴史をたどる世代別の3種類を展開。3種類共通で、胸元には名門・伝統校のイメージを醸し出す校章風デザインが施されており、スカーフやリボンが付いています。


【スケバン型】
現在50歳代の方が懐かしさを覚える、丈の短い上着にくるぶしほどまであるロングスカート。当時「スケバン」と呼ばれた不良少女の着こなしを踏襲しています。スケバンをテーマにしたマンガや映画は今まで数多く制作され、ひとつのメディア文化としても定着していることから採用を決定。 3種類のうち、ルームウェアとして最も使い勝手の良いデザインとなっています。現代っ子の目にはかえって新しいスタイルに映るかも?


【コギャル型】
現在35歳前後の方がブームを経験している、ミニスカート+ルーズソックスのコンビネーション。ルーズソックスは当時の流行を踏まえ100cmのものを標準装備。スカーフではなくあえてリボンをあしらい、コギャル文化でもある制服の「着崩し」感を演出しています。ひざ上20cmのミニスカートは外せない!


【JK型】
現役女子高生~25歳前後の方に馴染みの清純なデザイン。膝丈のボックスプリーツスカートに付属の紺のハイソックスを合わせてオーソドックスに着用できます。セーラー服の象徴でもある襟部分は白色、スカーフは青色と、「お嬢様感」の演出にもこだわったデザイン。


やっぱりセーラー服ってかわいい……! コスプレをする勇気がなくても、お部屋だけなら恥ずかしくありません。「一度は着たい」「もう一度着たい」の夢を叶えてください!

【製品名】セラコレ
【適用身長目安】~165cm
【素材】
本体:綿60%、ポリエステル40%
スカーフ:ポリエステル100%
ソックス:綿60%、ポリエステル35%、ポリウレタン5%(コギャル型とJK型のみ付属)
【希望小売価格】8000円(税別)

商品ページ:
http://www.bibilab.jp/product/slc10s_80s_90s/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP